« 黙したるちあきなおみや時雨降る | トップページ | 青臭き書生哲学柿熟るゝ »

2007年11月13日 (火)

冬桜世間気ままに渡り来し

Photo_2 冬桜世間気ままに渡り来し

実は(何を隠そう)日帰り温泉ファンである。この日曜も湯河原こごめの湯に行ってきた。朝早く家を出て葉山のパン屋「ブレドール」で美味しいパンの食べ放題朝食、湘南を走って湯河原へというのが定番のコースだ。

そのこごめの湯の傍に冬桜が咲いているのを見つけ、これは写真と句になると思い湯の中で句をひねる。「それぞれにそれぞれの顔冬桜」「冬桜野人の自負を幾許か」などが浮かんだが結局、本句となった。私には私の幸よ冬桜。

|

« 黙したるちあきなおみや時雨降る | トップページ | 青臭き書生哲学柿熟るゝ »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黙したるちあきなおみや時雨降る | トップページ | 青臭き書生哲学柿熟るゝ »