« 「隣人」の権利は社会的共通資本 | トップページ | 月曜日の相場は正念場 »

2007年11月10日 (土)

平凡な真実がある神無月

Photo 平凡な真実がある神無月

この写真には「裸木に赤き実揺れて冬に入る」を付けるつもりがあったが、この句はひねりがなく散文的で俳味に欠けると考えて止めた(でも俺にしてみれば珍しく写生句)。
そこで本句「平凡な真実」にした。数日前の新聞でたまたまこの言葉に出会って、これは句になると後は歳時記をめくって「神無月」を持ち出しただけの句だ。

この歳になるまで花水木の紅葉にも赤い実にも気づかなかった。いのちの営みは平凡な真実であることに気づくまでほぼ六十年かかったのである。

|

« 「隣人」の権利は社会的共通資本 | トップページ | 月曜日の相場は正念場 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「隣人」の権利は社会的共通資本 | トップページ | 月曜日の相場は正念場 »