« 山茶花や捨てにし恋は胸の底 | トップページ | あなたがあなたである理由を述べよ »

2007年11月20日 (火)

垣根越え隣の庭へ菊日和

Photo 垣根越え隣の庭へ菊日和

「隣の庭の菊日和」なのか「隣の庭に菊日和」なのか「隣の庭へ菊日和」なのか迷った。おすそ分けという気持ちを滲ませるのがいいかなあと思い、「へ」としたがよくわからない。とにかくもまあ菊日和という季語を使えて喜んでいる。

 遠きゆゑ会釈を深く菊日和          鷹羽狩行
 たましひのしづかにうつる菊見かな     飯田蛇笏
 わがいのち菊にむかひてしづかなる    水原秋櫻子
 有る程の菊抛げ入れよ棺の中        夏目漱石

名句ばかりである(鷹羽狩行の句は有名ではない)。こうした句を知っていて菊を見るのと知らないのとは大きく違う(と思う)。俳句は「眼の散歩」機能を充実させてくれるのである。

|

« 山茶花や捨てにし恋は胸の底 | トップページ | あなたがあなたである理由を述べよ »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

少し前からブログ拝見しています。
年代と225先物で共通点あり、僭越ですが感性にも共感を感じております。

土曜日さんに触発されて、俳句を始めました。今までは俳句、文芸、芸術、哲学、理屈、全く無縁の人生でしたが。

俳句楽しみにしています。

投稿: 極楽トンボ | 2007年11月20日 (火) 午後 09時47分

ありがとうございます。先物同好(というよりは俺の場合、中毒)の方ですか。なにより、俳句の励みになります。これからもご愛読の程よろしくお願い申し上げます。

投稿: 土曜日 | 2007年11月21日 (水) 午前 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山茶花や捨てにし恋は胸の底 | トップページ | あなたがあなたである理由を述べよ »