« ひとひらの風のごとくに紅葉逝く | トップページ | 短日や食卓高き美術館 »

2007年11月17日 (土)

所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋

Photo_2 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋

もう「歌の泉は涸れて」しまったけれど、せっせせっせと日経歌壇に投稿していた時期があった。この歌はそんな時期の中でとりわけ思い出深い歌だ。岡井隆(選者)がその週の先頭に選んでくれたからだ。「二重否定が清々しい」とのコメントを今でも覚えている。

|

« ひとひらの風のごとくに紅葉逝く | トップページ | 短日や食卓高き美術館 »

「短歌写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとひらの風のごとくに紅葉逝く | トップページ | 短日や食卓高き美術館 »