« わが心雪になれよと富士真白 | トップページ | 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 »

2007年11月17日 (土)

ひとひらの風のごとくに紅葉逝く

Photo ひとひらの風のごとくに紅葉逝く

木の葉の写真は光の裏側から撮れと何かで読んだ記憶がある。
この写真は、朝日を斜めから浴びた桜紅葉だ。桜は一番先に紅葉し、今はもう大方が散っている。そこで、枯葉ではなく紅葉のままに健やかに散るのが俺の願望だ。だから、毎日プールに通い有酸素運動を怠らない。まあ全ては天命だけれど。

 紅葉かつ散るみな生きてゐたりけり    小川双々子
 洒落ていへば紅葉かつ散る齢にて     川崎展宏

|

« わが心雪になれよと富士真白 | トップページ | 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが心雪になれよと富士真白 | トップページ | 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 »