« 今日の相場戦術 | トップページ | 開け放つ扉のひとつ星月夜 »

2007年12月13日 (木)

浮寝鳥波にゆだねて夜明けの来

Photo 浮寝鳥波にゆだねて夜明けの来

昨日、相場に負けた。証拠金不足。今日の前場で建て玉を全部返済しないと午後強制決済される。ええい、と半ばやけくそで全力買い玉を建てた。今夜のNYは上げるだろうという希望にすがったのだ。Photo_3 いま現在のNYダウチャートをつけておこう。

ところで、水に浮いたまま眠っている鳥を浮寝鳥という。

 佇つ人に故里遠し浮寝鳥        富安風生
 浮寝鳥また波が来て夜となる      寺山修司
 水鳥の浮くも潜るも浄土かな       石井露月

この世は浄土である、いま、ここにしか人生は無いのだから。 

|

« 今日の相場戦術 | トップページ | 開け放つ扉のひとつ星月夜 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の相場戦術 | トップページ | 開け放つ扉のひとつ星月夜 »