« 美しく老いるための三要素 | トップページ | 叶ふ恋叶はぬ恋や実千両 »

2007年12月15日 (土)

犬がゐて紅葉は散りて男老ゆ

Photo 犬がゐて紅葉は散りて男老ゆ

朝吟行でこの犬を見かけたときに瞬間的に浮かんだ。ここにアップしようとしたら、待てよ、この句は三段切れ(犬で切れて、散紅葉で切れて、男老ゆで切れてる)だなあ、なんとかしなければと、「飼主につながれし犬紅葉散る」と推敲したけれど面白くないし何が言いたいのかわからない。そこでしようがないから初案のままで確定。散紅葉と老いに犬を取り合わせた面白さと思うことにする。

 盃を止めよ紅葉の散ることよ    高野素十
 紅葉散る旅の衣の背に肩に     五十嵐播水
 金色堂出づや蒔絵の散紅葉     大橋敦子

今度はちゃんと散紅葉を詠もう、写真も。 

|

« 美しく老いるための三要素 | トップページ | 叶ふ恋叶はぬ恋や実千両 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

またお邪魔しますがいいんでしょうか?

  散り際を知るや色づく冬紅葉

投稿: 極楽 | 2007年12月16日 (日) 午前 12時20分

いらっしゃいませ。この句、コメントさせて頂きました。http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_26f3.html

俳句って「細み」だという言葉を何かで読みました。細い句をつくりたいなと思っていますが、肥満体の私にはなかなかできません。

投稿: 土曜日 | 2007年12月16日 (日) 午前 04時39分

失礼しました。少し酔ってまして、間違えておなじものを書き込んでしましました。

コメントを参考に自分なりに推敲したのを書き込むつもりでした。

  冬紅葉その散り際を知ればこそ

投稿: 極楽トンボ | 2007年12月16日 (日) 午前 09時24分

いいですね。余韻が響きます。励みになりました。

投稿: 土曜日 | 2007年12月17日 (月) 午前 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しく老いるための三要素 | トップページ | 叶ふ恋叶はぬ恋や実千両 »