« 訂正、月曜の東京は急騰せず | トップページ | アメリッポン大転機の時代 »

2007年12月 1日 (土)

山茶花や人でなしにも人の恋

Photo_4 山茶花や人でなしにも人の恋

姫路城をたまたま撮影した日の前日は定宿のウェルサンピア姫路ゆめさき泊。翌朝、出発しようとして公道からの進入路の生垣のピンクの山茶花に気づく。バックの紅葉した里山と一緒に撮ると絵になりそうだなあと写したのがこの写真だ。山茶花が喜んでいるように見える。駄句とマッチなのかミスマッチなのか、自己陶酔症の俺には判断がつかぬ。

ところで、このウェルサンピアでいつも飲む熱燗が旨い。八重垣という地酒だそうだ。検索してみると一升瓶で\1887(別の銘柄の酒も造っているようなのでこれかどうか)、試しに買ってみるかと一瞬思ったが送料\620かかるので止めた。今度、姫路に行ったら買って帰ることにする。山茶花や人も清酒も里の味

|

« 訂正、月曜の東京は急騰せず | トップページ | アメリッポン大転機の時代 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訂正、月曜の東京は急騰せず | トップページ | アメリッポン大転機の時代 »