« 自然、必然、偶然そして運命 | トップページ | 年惜しむ財布の銭を数へつつ »

2007年12月30日 (日)

俳人、山本紫黄

今日の日経、年末読書特集の俳句の部(筆者は正木ゆう子)に面白い句が紹介してあったので記録しておく。山本紫黄「瓢箪池」より。

 生別も死別もいづれ春の水

言われてみればその通り。そして「春の水」は早春の水かなあ。まだ冷たいけれどどこか春を感じさせる水、いずれ確実に対面する死とは春の水なのである(と思わせてくれる)。

紫黄は「俳壇的には殆ど知られておらず、句集上梓の直後に、その反響も知ることなく急逝した。享年八十六」だそうだ。他にもいくつか紫黄の句が引かれているが、そのうちで感じた句を引こう。

 日の丸は余白の旗や春の雪
 「君が代」に起つも起たぬも蝌蚪の昼

ネットを検索したら紫黄に興味を持ってらっしゃる方がいらした。「飄々としたユーモアで、境界線にバランスをとって立っているような感じ」と紫黄の句を評している。一日一句を採り上げて記事を書かれているので毎朝の巡回コースに組み入れさせてもらおう。

|

« 自然、必然、偶然そして運命 | トップページ | 年惜しむ財布の銭を数へつつ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然、必然、偶然そして運命 | トップページ | 年惜しむ財布の銭を数へつつ »