« クォリア俳句の勝利 | トップページ | ソシエテ巨額損失と緊急利下げの関係 »

2008年1月26日 (土)

また、きな臭くなってきた

[ニューヨーク 25日 ロイター] バークレイズ・キャピタルのアナリストは25日、金融保証会社(モノライン)の格付けが引き下げられた場合、世界の銀行は損失を相殺するため最大1430億ドルの追加増資を余儀なくされる可能性があるとの見方を示した。

だそうだ。モノラインに出資させるための米政府筋の陰謀キャンペーンなのか、事実なのか。

[ロンドン 25日 ロイター] 米ゴールドマン・サックスは向こう数カ月で全社員の約5%に相当する約1500を削減する。削減は社員の年次評価終了後に実施される。同社の広報が25日、明らかにした。
 業績評価の低い社員が対象になるという。 同広報はロイターに対し、詳細は3月までに発表される見通しで、毎年行われる社員評価の一環と述べた。

というのもある(恒例の社員評価で1500人も首を斬るかよ)。月曜は売りにドテンするかなあ。

|

« クォリア俳句の勝利 | トップページ | ソシエテ巨額損失と緊急利下げの関係 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クォリア俳句の勝利 | トップページ | ソシエテ巨額損失と緊急利下げの関係 »