« 寄り成りで売り6枚を損切り | トップページ | 紅梅や空にアルトの声響き »

2008年1月25日 (金)

モノライン救済は一夜の夢か

昨日、売りを損切りした理由のモノライン救済話は昨日の日経夕刊によると公的資金を投入するのではなく銀行に出させようという話だった。
英フィナンシャル・タイムズ電子版によれば、米大手銀は州保険監督当局から150億ドル(約1兆6000億円)の資本をモノライン支援へ提供するよう求められているという。

そして、銀行団いわく、エリック局長の案は通常の銀行ディールに当てはまらないのでは、そして一人の出席者はこう言った、「銀行は政府なりFRBがモノラインを救済することを望んでいるのだが」と支援拒否のようだ。

これはものになりそうもないなあ。最高責任者ブッシュ君はバラマキ減税で議会と合意したと胸を張っているが、市場は米景気対策の基本合意内容が伝わると売りが優勢となったようだ。

ソシェテジェネラルの不正取引判明で、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利下げが行われるとの見方が後退したとの報道もある。欧州の協調利下げができなければドル不安で利下げは苦しいだろう。

ということで、モノライン支援もできず追加大幅利下げもできずでは、また下げるよ。
どうも、高いうちに買い手仕舞いが賢明のようだ。

|

« 寄り成りで売り6枚を損切り | トップページ | 紅梅や空にアルトの声響き »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寄り成りで売り6枚を損切り | トップページ | 紅梅や空にアルトの声響き »