« 降る雪や静寂の中をわが町に | トップページ | ハ短調悲歌交響曲や春浅く »

2008年3月 4日 (火)

思無邪ともごもご

Photo_2 人間はおしなべて邪念の塊。そんな邪念は社会を形成しなければ生きてはいけぬ。そして、形成された社会は平和に維持継続するのが結局はコスト安。だから、社会の運営は公正であることが要請される。この事態を邪念側から見ると「思無邪」ということになる。詩経にある言葉だそうだ(ここから書も勝手拝借転載させて貰った)

十年以上前に鹿児島出張の合間に磯庭園(島津別邸)で見かけた言葉だ。最近、大河ドラマ「篤姫」で映されたシーンが何回か出てきて思い出した。

ところで暇つぶしに日本版twitterなるもごもごに入会してみた。日記代わりには使えそうだなあ。お友達は別に欲しくはないけど。

|

« 降る雪や静寂の中をわが町に | トップページ | ハ短調悲歌交響曲や春浅く »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 降る雪や静寂の中をわが町に | トップページ | ハ短調悲歌交響曲や春浅く »