« 桜咲く右も左もわが祖国 | トップページ | 小京都学びの庭に黒蝋梅 »

2008年4月30日 (水)

大長藤@足利フラワーパーク

P4270080 藤の花見に行かむとてズック靴

ネットで足利フラワーパークの大長藤の藤棚を見て、見に行きたくなり日曜日(4/27)に吟行してきた。写真がその大長藤だ。樹齢140年、花房の長さは最長1.8mになるという。まだ花の盛りには早かったが、壮観であった。「世界が息を呑んだ美しさ」がキャッチコピーになるだけのことはある。

P4270085 畦道にロシア語聞こえ藤の昼

これは大変珍しいとされる八重の藤。八重黒龍という名だそうだ。葡萄みたいだね。

Photo 藤だけでなくツツジも咲いて花盛り。藤のシーズンには休耕田を駐車場にして満員御礼だ。入場料\1300と強気の商売である。

|

« 桜咲く右も左もわが祖国 | トップページ | 小京都学びの庭に黒蝋梅 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜咲く右も左もわが祖国 | トップページ | 小京都学びの庭に黒蝋梅 »