« 遅咲きのロマンスもあり白椿 | トップページ | 音楽は世界への愛理由なく目的もなくたゞ聴き惚れてをり »

2008年4月18日 (金)

桜桃の花一輪の片想ひ

Photo 桜桃の花一輪の片想ひ

さくらんぼの花だ。近所に二本植わっていて、一本は桜の前に、もう一本(写真の木)は桜の後に咲いた。桜よりも白く清純な花である。

 桜桃の花満面に茂吉歌碑       皆川盤水
 蕎麦くふや桜桃の花咲く頃の      森 澄雄
 桜桃の開ききらずに別るゝ日      京塚信子 
 桜桃の花の静けき朝餉かな      川崎展宏

俺にしては珍しく、句またがりの句ができたなあとちょっと喜んでいたが例句(皆川盤水)の影響だったか。なんだつまらない。 

|

« 遅咲きのロマンスもあり白椿 | トップページ | 音楽は世界への愛理由なく目的もなくたゞ聴き惚れてをり »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅咲きのロマンスもあり白椿 | トップページ | 音楽は世界への愛理由なく目的もなくたゞ聴き惚れてをり »