« 8回表8点差リードで前進守備 | トップページ | 大町、松葉ケ谷@鎌倉吟行(2) »

2008年5月18日 (日)

報国寺から釈迦堂切通しへ@鎌倉吟行(1)

P5170016 はらはらと時間の雫竹落葉

また、鎌倉を吟行してきた。お気に入りの葉山ブレドールでモーニングサービス(このところの諸物価高騰で\1300)の美味しいパンをたっぷり頂戴して、鎌倉へ、七里ヶ浜駐車場にパーク&ライドしてバスで鎌倉駅へという吟行である。

今回は杉本観音から報国寺、釈迦堂切通し、長勝寺というコースだ(衣張山・名越切通しハイキングコースの若干変形)。

報国寺の竹を見たくて、鎌倉に行ったのだが、ちょうど竹落葉の季節。はらはらと音も無く落葉が降っていた。

P5170029 薔薇抱いて宮家洋館しづもれり

報国寺のそばの旧華頂宮邸の薔薇。芝生とほんの少しの薔薇が咲いていただけのおだやかな庭園である。

P5170036 切り通す人生の崖はつなつに

釈迦堂切通し。通行禁止という立て札(所有者が国際自動車のようだ)があるが、通れる。

「切通し」とは、山・丘などを切り開いて通した道のこと  三方を山に囲まれた軍事都市鎌倉にとっては、その防御 の要塞がこの切通しであった 鎌倉からの出入りにはこの 切通しを通る必要があった
 亀ケ谷坂、化粧坂、巨福呂坂、大仏坂、極楽寺坂、朝比奈、 名越の切通しは鎌倉の切通しのなかで最も重要なものであ り、後に「七切通し」、「七口」と呼ばれるようになった 。

とのことだ。

|

« 8回表8点差リードで前進守備 | トップページ | 大町、松葉ケ谷@鎌倉吟行(2) »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8回表8点差リードで前進守備 | トップページ | 大町、松葉ケ谷@鎌倉吟行(2) »