« 初夏の箱根湿生花園(3)@湿地と高原の花 | トップページ | 隠れ家のごとくひともと紅河骨 »

2008年5月28日 (水)

富士見えず雲の峠や勿忘草

Photo 富士見えず雲の峠や勿忘草

箱根湿生花園に勿忘草があったので撮影。別名、藍微塵ともいうそうだ。非常に小さな花が寄り集まって咲いているが、鮮やかな青紫色と、よく見ると黄色の芯のある花ということからの別名だろう。左のリンク先の写真はまさに藍色だが本写真はそうではない。傍の案内板は信ずるべきだから、色の薄いのもあると思おう。

ところで、本句初案は「富士見えず乙女峠に藍微塵」だったが、地名の重複はしつこいのと、字余りでも勿忘草(ワスレナグサ)の字面を採ることにした。俺にしては上出来の写生句(俺が言わなくて誰が言う)である。

|

« 初夏の箱根湿生花園(3)@湿地と高原の花 | トップページ | 隠れ家のごとくひともと紅河骨 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の箱根湿生花園(3)@湿地と高原の花 | トップページ | 隠れ家のごとくひともと紅河骨 »