« 日々三度飯食へる幸えごの花 | トップページ | 全勝の白薔薇の笑み琴欧州 »

2008年5月23日 (金)

極楽やユリノキの花饒舌に

Photo 極楽やユリノキの花饒舌に

今年もユリノキが咲く季節になった。先日、遠出ウォーキングして多摩市陸上競技場の傍にりっぱなユリノキがあるのを発見、カメラを持ち合わせていなかったので翌々日久しぶり好天の朝に撮影に行った。

句をつけねばならぬが、たまたま今観ている映画「みなさん、さようなら」に影響されての一句となった。

ロンドンで証券マンとして働くセバスチャンは、父親、レミの病気を知り、カナダに帰国する。女好きで身勝手なレミを反面教師として育ったセバスチャンだ が、母に頼まれ、レミの幸せな最期を演出することに。頑固で憎まれ口ばかり叩くレミだが、世界中から集まった友人たちに会い、笑顔を取り戻す。痛みを和ら げるため、医者に秘密でヘロイン治療を始めたレミだが、病状は次第に悪化し、セバスチャンは、レミを湖畔の別荘に移すことに。そして遂に、別れの時がやっ てきた。

Photo_2 そして、この写真が上のユリノキの全景。お近くの方はご興味あれば是非。

Photo_3 この写真は去年の一句「 天上にゆりのき咲けば明日も晴れ」のユリノキ。近くの保育園の駐車場わきに植わっているユリノキで、歩道橋がすぐ横にあるので上から花を撮れる。
花を愛し人生を悦楽して最期を迎えられるといいな。

|

« 日々三度飯食へる幸えごの花 | トップページ | 全勝の白薔薇の笑み琴欧州 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々三度飯食へる幸えごの花 | トップページ | 全勝の白薔薇の笑み琴欧州 »