« 富士見えず雲の峠や勿忘草 | トップページ | 今日は疲れた »

2008年5月29日 (木)

隠れ家のごとくひともと紅河骨

Photo 隠れ家のごとくひともと紅河骨

箱根湿生花園での写真。コウホネは、浅い池や沼などに生える多年生の水草です。根茎が白色で肥大し,これが白骨のように見えるので和名になりました。円柱形の花柄を水の上に出し,黄色い花を上向きにつけます。とのことで、その変種でベニコウホネが写真である。

 河ほねの二もと咲や雨の中        蕪村
 河骨に月しろがねをひらきつつ    柴田白葉女
 河骨や雨の切尖見えそめて      小林康治
 河骨に山の日射しの届かざる     星野高士

河骨という字面が面白い。生命を感じさせる字であり姿である。 

|

« 富士見えず雲の峠や勿忘草 | トップページ | 今日は疲れた »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士見えず雲の峠や勿忘草 | トップページ | 今日は疲れた »