« レンタルSNSの実験開始 | トップページ | 脊柱管狭窄症 »

2008年6月23日 (月)

人生=利己+利他。利他とは知のことなりき

Photo 哲学方程式3点セット完成
(1)人生=損得+好き嫌い+原理(快楽、汝) <快楽から汝→社会へ>
(2)大人=教養+節度+情緒 <社会的大人になって世界共和国を目指せ>
(3)世界=事実世界+記号世界+価値世界 <価値は多元、世界は無限>

という三点セットが出来上がったのだけど、アバウトミー「俗の反対語は何だろう?」でお喋りしていたら、上のうち(1)人生方程式が揺らいでしまった。

利己暴走のブレーキが信心ですね。信心とは「人の心を信じる」ということで、これがエゴの歯止めになるような気がしてきました。そこで、人生方程式「人生=損得+好き嫌い+原理(快楽、汝)」を次のように拡張しました。
人生=エゴ(損得、好き嫌い)+信心(快楽、心を信心)

そこで、改訂駄文を書かねばと自ブログ検索したら、知るということは、そもそも「神と共に・世間と共に・自己と共に・知る」ということをギリシア哲学以来意味しているというセンテンスに再会、上の信心を知に置き換えることにした。すなわち、

 人生=エゴ(損得、好き嫌い)+知(心、快楽)

エゴには算用と感情の知しかない。知は、エゴのこのような知よりもっと広く大きい。それは、心が何であるかを「神と共に・世間と共に・自己と共に・知る」ことである。

このことは俺のテーゼ「心は社会的現象である」とも符合する。すなわち、我は汝と共に心を知り快楽するのである。かくして、エゴ=俗、俗の反対語は知であったのだ。

 おまえとはいつかどこかで決着をつけねばならぬ我が裡のエゴ

この短歌旧作の決着がようやくついたかな。人生=利己+利他。利他とは知のことなりき。

※写真は青梅吹上しょうぶ公園でのスナップ。花菖蒲大きく広くこどもたち

|

« レンタルSNSの実験開始 | トップページ | 脊柱管狭窄症 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レンタルSNSの実験開始 | トップページ | 脊柱管狭窄症 »