« 関本満塁本塁打 | トップページ | 信濃路や山河に出逢ふ夏の蝶 »

2008年7月27日 (日)

「必死のパッチでした」@口下手な関本賢太郎

○関本が連夜のヒーロー新井様スタメン復帰でドラ食ひにけり
 (7/26中日戦2-0アニキに二塁打下柳9勝

今日はニコニコ動画から小窓リンク(9:23。関本ヒーローインタビュー、ドンさまインタビュー、ゲームハイライト)。タイムリー三塁打を打ったときの心境は?と訊かれても暫し口ごもった後に「必死のパッチでした」としか言えない関本よ。だからおまえは

この年オフの契約更改では、成績の割に低評価であることと、交渉の中で担当者に欠伸をされたことを理由に1,000万円増の年俸4,000万円を保留。その後5,000万円でサインしている。但し、関本の代理人を務めた弁護士によると、彼の話は退屈で欠伸をするのも無理は無いと冗談半分に述べている。

などと冗談を言われるのだ。

それにしても中日。関本の三塁打も中継ラジオのABC解説者有田修三氏に言わせると「ポップフライ」、楽に捕れてる打球だそうだ。「中日はゆるんでいる。このゆるみを修正するのに来年までかかる」と言っていたなあ。そこまで言うのもどうかと思うがプロが言うのだから根拠が無いこともないだろう。

巨人戦があってもスポンサー球団たる横浜を置いても東京のラジオ局TBSが阪神戦を中継する。大したチームになった。夢のようだ。今日もどんな負け方をするだろうかと思った上で勝ち方を観戦しよう。本日はBS1中継あり。

|

« 関本満塁本塁打 | トップページ | 信濃路や山河に出逢ふ夏の蝶 »

阪神タイガース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関本満塁本塁打 | トップページ | 信濃路や山河に出逢ふ夏の蝶 »