« カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲 | トップページ | オールスターと内閣改造 »

2008年8月 1日 (金)

Luciano Pavarotti & Lucio Dalla - Caruso (Live 1992)

カヴァレリア・ルスティカーナから何かアリアを引きたかったのだが、見つからなかったのでオペラつながりでパヴァロッテイ。曲はカルーソー。何年か前にテレビでめぐり合って気に入った曲だ。

ルチオ・ダッラは、1986年に世紀の名曲『カルーソ/CARUSO』を作詞、作曲しています。
この曲は、不出生のテノール歌手、エンリコ・カルーソを讃えて歌ったもので、ダイナミックな大バラード曲になっています。

ということを(実は)知らなんだ。あのカルーソーに関係ありそうという薄い認識でしかなかった。
それはさておき、上の演奏はパヴァロッティとルチオ・ダッラの共演で、そのせいかパヴァロッティは力演熱演名唱である。この土曜日名曲アルバム(このYouTube埋め込みシリーズを今からこう呼ぼう)作成のためにあれこれ検索して出会った演奏である。いやあ、ネットって素晴らしいですねえ。

ちなみに、カルーソー本人の声も見つかったので引いておく。次回はパヴァロッティからのつながりでフレーニを予定。

|

« カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲 | トップページ | オールスターと内閣改造 »

土曜日名曲アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲 | トップページ | オールスターと内閣改造 »