« CATV/STB経由でテレビを見る場合、テレビ内蔵のチューナーは不要ではないでしょうか? | トップページ | 最後の栄冠のための試練 »

2008年8月14日 (木)

Toru Takemitsu - Waltz, from the movie "The Face of Another"

前回に引き続き、BS2「フォークソング大全集」、石川セリ、五つの赤い風船、因幡晃、上田正樹、大野真澄、岡林信康、尾崎亜美、海援隊、加川良、小室等、杉田二郎、ダ・カーポ、谷村新司、BORO、ムッシュかまやつ ほかに触発されて今回は武満徹。どういうつながりなのかは後述するとしてまずは動画埋め込みのみである。武満徹らしい新鮮な響きの洒落たワルツを鑑賞されよ。

で、どういうつながりかというと、上の番組で石川セリが「八月の濡れた砂」を歌っていた。この曲もいいけど石川セリといえば「翼  武満徹ポップ・ソングス」がいいなあ。武満徹のポップソングってみんな、どれだけご存知だろう。

ということで代表作「死んだ男の残したものは」をYouTubeで探したのだが、どこかの百貨店合唱団の重々しい演奏ぐらいしかない(石川セリは軽快なボサノバでシニカルに歌っている)。そこで、しようがないから石川セリの上のアルバムに入っている「ワルツ「他人の顔」より」にした。指揮は(映像から判断すると)ユーリー・バシュメットである。

以上のような事情なので多少欲求不満が残る。そこで、武満徹がギターを愛し、ギター曲の編曲をよくしていたというのをだいぶ以前のBS2村治香織の番組で聞いたのを思い出して、その番組で放送された一曲、オーバー・ザ・レインボウ / Over the Rainbow。

ええい、もう一曲。上の石川セリのアルバムのタイトルチューン「翼-wings」、東京混声合唱団・岩城宏之指揮である。武満も岩城も今はもういない。

|

« CATV/STB経由でテレビを見る場合、テレビ内蔵のチューナーは不要ではないでしょうか? | トップページ | 最後の栄冠のための試練 »

土曜日名曲アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CATV/STB経由でテレビを見る場合、テレビ内蔵のチューナーは不要ではないでしょうか? | トップページ | 最後の栄冠のための試練 »