« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

阪神快勝、NYは下院否決で大荒れ

Bsb0809292221015p1 ○スタメンに新井貴浩ああ快勝攻守に厚味アニキが花を
 (9/29広島戦5-3先発石川五回無失点の好投←ラッキーも実力のうち

新井復帰は大きいことを実感させるゲームだった。巨人とのゲーム差を1に広げ、優勝へのマジックは「7」に。「何でもいいから勝てばいい。やるしかない」と新井。残り8試合。3年ぶりの優勝に向け、ようやく役者がそろった。から写真を拝借、感謝。

他方、NYは「米金融安定化法案は採決の結果、反対228票・賛成205票で否決された。議会と政府側で本法案に関して基本的に合意に至ったと報道されていただけにショックは大きい。」が、これは政治の揺れにしかすぎない。変人小泉、癖人竹中の下の日本でもできたんだもん、もう少しまともな社会アメリカでできなくてどうする。やっぱりオバマかなあ。と思う。

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

Glenn Gould - Beethoven's "Emperor" Concerto 3/4

グールドが弾くベートーベン「皇帝」協奏曲第2楽章@カレル・アンチェル×トロント交響楽団。
先日、SKY-Aが放送していたものだ(この局、阪神の野球以外にクラシック音楽も放送してくれている)。名演奏とは言い難いが、グールドファンなら一度は聴きたいものだろう。

そこで、色々検索してみるとこの演奏、大昔にNHKが放送したことがあることが判った。そして、音楽評論の大家、吉田秀和が次のように評していたとのことだ。

ところが、ベートーヴェンの『皇帝協奏曲』のような長大な曲の場合となる と、進むにつれて彼がしだいに周囲から切り離され、ある世界に深く進入してゆくさまが手にとるようにわかってくる。右手だけを使っている時の彼は、まるで 右手の演奏を指揮するかのように、あるいはそこから生まれてくる音をある想像上の空港に着陸させようと誘導したり、あるいはその余韻を掌の中に包みこんで から、改めて解放し大気の中に飛び立たせてやろうとでもするみたいに、右手に沿って左手もいっしょに、さかんにあげたりさげたりする。そのうえ、同じ曲の 第二楽章のように荘重な歩みで冥想的な旋律をひく時には、彼は上半身を右から左に輪のようにさかんにゆさぶりながらひくのだが、そうした時に限らず、早い 楽句を奏する場合も、たえず、口をくちびるをパッパと動かして、リズムにのってうたっているのが見える。[…]


大家は凄い。ここまで聴きとれないよなあ。と思いつつ更に検索して、YouTubeに登録された上の映像にめぐり合った次第だ(クラシック試聴音楽YouTube » ベートーベン 皇帝 グレン・グールドの演奏。←YouTube埋め込み集だけど、俺の土曜日名曲アルバムはこれとは一味違うぞ。

ちなみに、この演奏、ヤフオクにも出品されている。YouTubeからダウンロードしての出品だとすると、せこい商売だよなあ。

| | コメント (0)

新井さんの勇姿を拝む

Base01_2 ●ラミレスとスンヨブ強し金持に負けるな虎よ歯を食いしばり
 (9/27巨人戦4-6新井びっくり復帰大丈夫かいな

昨夜はご近所パーティで外出。帰宅してからビデオを居眠り視聴。ビデオは昨夜のうちに消去済み。一期一会一日一勝を目指せ。

画像は「▼阪神・岡田監督 (新井の昇格は前日の再検査で)骨、ひっついてるゆうからな」から勝手拝借。

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

Duke Ellington: Take The "A" Train

オスカー・ピーターソンMJQ、に続いて今度はデューク・エンリントン(1899年生まれ、1974年没。享年75才)。これで俺のジャズ御三家の完成である。スイングしなけりゃ意味がない、且つ知的なのが俺の好みであることがお判りだろう。

さて、この曲、エリントンのテーマ曲であると同時にジャズのスタンダードナンバー。本来は彼のバンドのテーマなのだが、上のトリオ演奏では彼のピアノがたっぷり楽しめる。今日現在でYouTube再生回数: 4,560というのが信じられない。もっともっと聴いてほしい演奏である。

そして、次はオスカーピーターソンの「A列車で行こう」。エリントンよりもっとねちっこそいぞ。これも名演だ。ちなみに、こちらの
再生回数: 21,318。

で、最後はやっぱりビッグバンドで聴かなくっちゃ。
Duke Ellington Take the A Train Soundie 1940's。何かの映画からの抜粋のようである。

 

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

陸に上がった軍艦・・・予告編

新藤兼人96歳の戦争体験を伝える映画だ。CATV「日本映画チャンネル」で観た。月額\5880の決断は高くなかったと思うのである。この映画の詳細はこちら

| | コメント (0)

ネット接続遅延の場合の対処(ADSL)

俺のPCは一昨年に買った安物(メモリーが225kしかない)。そのため、電源投入後の立ち上がりも、終了も遅くストレスがある。そんな中で、昨日あたりからはネット接続まで遅くなった。

こりゃあ駄目かなあと思いつつ、XP高速化大辞典に惹かれて\640も出して雑誌「日経PC21」を買ってディスククリーンアップとかメモリ掃除までやってみたが状況変わらず。

今朝になったら状況好転と淡い希望をつないでつないでみたが矢張り駄目。糞ったれえとガックリしつつ、でも、これはADSLの問題かもしれぬと思い「ADSL 遅い」で検索してみたら、「家庭でよくあるADSLはというと、遅くなったらモデムの電源のOFF/ONで対処するというやり方が一般的です」という記事に出会う。

ものは験しとやってみたら速くなった。以前の速度に戻った。

通信エラーのリカバリイ癖がついてしまい遅くなっていたということなのだろう。人生、希望を捨てないことが大事である。

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

ザ・エッセンス、唯識

Photo 数日かけて下書きした上で関心空間に「コピペで綴る唯識論入門」掲載。
ちょっと長すぎたかなと反省して、ここにはキーワードと結語のみ書き込んでおこう。

八識 三性 四智 五位
諸法無我 人人唯識 諸行無常

5.結論(唯識は心の非実体化モデルである)

心の自然的社会的還元(心の場所化と呼ぼう)が現代哲学の目指すべき方向と非学ながら不遜にも考えているのだが、唯識をそこに位置づけると心の場所化(非実体化)モデルということになるだろう。かくして、俺は唯識モデル構成主義的唯物論者である。人間は確実にいつか死ぬ、死んだらタダのゴミ(唯物)は生きている間は唯識→四智なのだから。

※画像は「女の頭部」エミリオ・グレコ松岡美術館で撮影。

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

小池百合子の背後で蠢く黒い紳士(噂の真相)

関心空間記事で知ったマダム寿司の実像を垣間見させてくれる噂の真相から一部転載。
いわば、小池と小松の共同経営ともいえるわけで、2人はそうとう深い関係でなければこんな会社作りませんよ

上の関心空間記事に
マダム寿司の総裁選後のコメントをテレビで見たのですが、ひどかったです。「男性候補者数人に囲まれてセクハラ状態」と言ってました。下品な女だなあと思いました。リンクの「噂の真相」記事を読んでその感を強くしました。
とコメントした。

選挙に勝てるならばどんな人間もお神輿にする。創価学会との関係のみならず、自民党は最早、末期症状なり。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

MJQ- The golden striker

オスカー・ピーターソンの次はモダン・ジャズ・カルテット(MJQ)。曲はThe golden striker。
フランスのヌーヴェル・バーグ映画がジャズをサウンドトラックに使うのが流行った頃があったが、この曲もその頃の一曲、ロジェ・ヴァディム「大運河」のサントラ音楽である。洒落て上品で知的な室内楽ジャズである。

ところで、三菱UFJ、米モルガン・スタンレーに出資 最大9000億円。安い買い物なのかそれとも日米政府に強要されたのか、このニュース、昨夜のNY市場開場前に流されたが、結局、ダウは-372.75安で引けている。ああ、アメリカ、されどアメリカ。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

結局は通貨戦争か

田中宇ニュース最新号「銀行破綻から米国債破綻へ?」 の結論部分から一部転載。

「エルサレム・ポスト」には、イスラエルの新聞らしく、米金融危機を「世界的なハルマゲドン(Global Agenda: Armageddon!)」と呼ぶ、以下のような内容の記事を、9月18日に掲載された。「すでに、世界の金融システムの崩壊が進行中だ」「銀行の数でい うと、今ある(世界の)銀行の大半が潰れるだろう(中小銀行は無数にある)」「1930年代のように、非常に多くの企業が倒産する」「2週間前には専門家 でも想像もつかなかったことが起きている」「昨夏以来、米当局は金融危機に対する総合的な対策を持たないまま、後ろ向きの、場当たりな対策ばかり続けた。 その結果、米金融界での信用は急速に失われ、AIGの破綻で決定的な瞬間を迎えた」「米国債も安心できないとなると、もう金ぐらいしか投資先がない。スイ スフランも、ユーロも駄目だ」(関連記事

 サウジアラビアを中心とする中東ペルシャ湾岸の産油諸国(GCC)の6カ国では、2010年に予定されている通貨統合を、予定どおり進め ることに決めた。統合後の通貨は、原油価格と密接にリンクしているのでエネルギー主導のインフレに強く、世界の5大通貨(ドル、ユーロ、円、GCC、人民 元)の一つになると期待されている。(関連記事

 2010年ごろには、中国人民元も、ドルとの連動を完全に切り離し、独自の強い通貨になっているだろう。2010年より前に米国債やドル 崩壊が起きる可能性が強く、世界の金融はいったん破綻するだろう。だがその後、5大通貨体制へと再編されていくというのが、楽観論ながら予測される。

転載部分で触れられている産油諸国の通貨統合は日経でも小さく報じられていた
5大通貨体制というのは、ドル、ユーロ、ポンド、人民元、産油諸国共通通貨ということかなあ。

さて、円はどうする。最大の政策課題がここにあるのに、自民党総裁選も民主党もそして来るべき総選挙でも議論には多分ならない。国民がアホだもん、テレビでとり上げるのには難しすぎるもん。

| | コメント (0)

愛は慈悲全て許そうタイガースペナントレース一期一会よ

Hibokanons 「慈悲と愛、違いは?」なる質問をアバウトミーして頂戴した回答へのコメントを転載する。

どうもどうも恐縮です。
ところで野球の例をひとつ。私、半世紀来の阪神ファンですが巨人三連敗に呆然です。しかしながら、私の阪神への愛は慈悲。全て許そう、しかし、忘れはしないと思っています。
 愛は慈悲全て許そうタイガースペナントレース一期一会よ


この歌の背後にはスピノザと唯識論がある(ああ、エラソー)。スピノザは
(1)自分をゆるす(自己肯定→安らぎ)
(2)神と世界をゆるす(運命に振り回されない)
(3)人間をゆるす(他者との協調)
(4)社会をゆるす(社会に寄与)


そして、唯識論は、愛(我執)と慈悲(心の三層構造と
転識得智)の違いについて考察するのがわかりやすいかも。
大円鏡智(全てが一体である宇宙のあるがままを感じる <アーラヤ識>)に至る転識得智すなわち帰依(西田幾多郎言うところの自覚)が慈悲なり。これについては近日中にきっちりレポート予定。

※画像は「悲母観音」狩野芳崖から拝借。「この絵を見て母の慈(いつく)しみを感じない人はいないと思いますが、実は観音さまはすべて男性なのです。よくご覧になると、ちゃあんとヒゲが見えますよ」だそうである。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

画面の右下の大頭

YouTubeを開いてびっくり。昨日のコンサートの動画の右下に大頭があるではないか。俺である。

この曲を10/24ヴィータ・マンスリー・コンサート(ボランティア運営スタッフを務めている)のラスト曲にしてもらえるといいな。盛り上がるのだ。YouTubeではやっぱりライヴの雰囲気は伝えられぬ。曲名は「ホットニュース」、演奏はアドゥンさんとお琴の女性である。

| | コメント (0)

写真が撮れる美術館「松岡美術館」

Photo 東京・ミュージアム ぐるっとパスというのを先日買って(二千円で二ヶ月有効、常設展ならこのチケットで入れる)楽しんでる。
上野動物園も行ったし旧奏楽堂も見たし東京芸大美術館で狩野芳崖も楽しんだし古賀政男音楽博物館で30分\200カラオケも満喫した。

そして、こないだは松岡美術館に行って来た。ここは写真を撮ってかまわない(シャッター音をさせなければ)という稀有な美術館だ。ヘンリー・ムーア「横たわる女、肘」が非常に気に入った。その写真を見せたくてのこの記事である。ついでに、ガンダーラだっけ、違うなあ、カンボジアかどこかの道祖神みたいなのも掲載しておこう(今度、もう一度いつか行ってどこの像だったか確認の所存)。

ムーアは、パブリック・アートとして世界中にたくさん設置されているブロンズ製の抽象的なモニュメントで世間によく知られている。その題材はふつう抽象化された人体像、とりわけ「母と子」や「横たわる像」である。興味深いことに、1950年代に 家族群像に少し手を出した以外、その題材はほとんどいつも女性の体だった。ムーアのつくる人体は穴が開いているか、空洞を含んでいることが特徴的である。 多くの人々は、横たわる人体の起伏にとんだ形を、ムーアの生まれたヨークシャーの、丘の連なる風景から参照されたものだと解釈している。

でも、嬉しそうにパチパチ撮ってたのは俺だけだったなあ、やっぱり。Photo_2 Photo_3

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

ドーム見参、ああ無情

Photo ●投手陣要所で崩れ追いすがる打線もクルーン残念の雨
 (9/19巨人戦6-4ドーム内野立見応援無情、安藤ゲームつくれず

岩崎ちひろ美術館でも行こうかと思い新宿まで出たら京王チケットショップを見かけたので、ものは験しと「ドームのチケットある?ないよなあ」と訊いてみたら、「あります、立見席です」との返事。「へーえ、いくら?どのあたり?」「この辺です。千円」ということで即購入。

美術館を松岡美術館に変更(ヘンリー・ムーアの彫刻がよかった、お奨めレポート別途公開所存)して、都営三田線一本で水道橋へ着いたのはちょうど16時、開場の時刻だった。
練習見たり(関本がポンポンスタンド入り連発)新聞紙を引いて座り込んで休憩したりしてプレーボールを待つ。試合経過については上のリンクを参照願いたいが、安藤の2四球連発後の坂本タイムリー、ジェフが小笠原に300号を打たれたのが痛かった。アッチ尊・球児は今日のゲームに温存して今日勝てばいいとのどん様判断だったか。

ということで、台風接近に伴う雨の中を帰路についた。神宮や横浜に行くよりもドームの千円内野立見の方が満足度高し。

Photo_2 秋の夜の健気な人のやかましさ

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

阪神・岡田監督豪語「空中戦上等や」G倒自信あり

どん様、
打撃戦でもかまへんよ!きょう19日からの2位・巨人との首位決戦(東京ドーム)を前に東上した阪神・岡田彰布監督(50)が揺るがぬ自信を口にした。 「楽しんでな。結果はなるようになる。東京ドームでは、こっちも本塁打を打ってる」。第1戦の先発が有力な難敵・グライシンガーには今季1勝3敗も、敵地 では黒星を付けている。巨人お得意のノーガードの打ち合いだって、受けて立ってみせる。
とおっしゃってるようだ。写真も転載しようかと思ったが、著作権を(たまには)少し気にしたのと、ヤー様に見えて畏れ多いので止めにした。ご興味ある方は上のリンクをクリックされよ。

| | コメント (0)

NY株大幅反発、ダウ終値410ドル高の1万1019ドル

リーマン・ショック以来、毎日、乱高下だ。昨夜の上げは
ポールソン財務長官が不良債権買い取りへ1990年代に使われた整理信託公社(RTC)のような組織の設立を検討しているとの報道を受け、午後に株価は急 伸した。売りが膨らんでいた米証券大手モルガン・スタンレーが上昇に転じたほか、シティグループなど銀行株が大幅高となり相場を押し上げた。
が理由のようだ。

他方、ロシア株が「今年5月の高値からすでに57%下落」という状況を思うと、ひょっとしたらこれは米ロ新しい冷戦の一環かと思ったりもする。ロシア潰しのための米帝国主義の陰謀とまでは言わないが、米政府が株価対策をロシアとの外交カードに使わないはずはないなあとは思うのである。

そこで、「リーマン破綻、AIG国有化など金融「恐慌」の真実は?ひょっとしたらロシア潰しの陰謀?グルジアでのロシア武力介入に対するアメリカの反撃では?」とYahoo!知恵袋に質問してみた。こんな国際情勢下を日本人民は生き延びなければならぬのである。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

Oscar Peterson - Hymn to Freedom

歌謡曲の次はジャズ。中でもオスカー・ピーターソン。スイングしなけりゃジャズじゃない。

世界の文化/芸術に貢献した人たちを顕彰する、高松宮殿下記念世界文化賞の第11回、音楽部門受賞者であるオスカー・ピーターソン(黒人ピアニスト)。幼 少の頃は“魔法の指を持つ少年”、近年は“鍵盤の皇帝”の異名をとる。鬼のようなテクニックでピアノを弾きまくるが、決して粗い演奏ではない。音がすべて 立っていて粒がハッキリし、キラリッと光る音色をもつ。そして、なんといっても抜群のスウィング感がたまらない。アート・テイタム(p)への尊敬の念が強 く、彼からハーモニー概念とテクニックを学び、ナット・キング・コール(p)からタイム感覚を、ハーモニーの動きをつなぎ長いラインを美しく表現する方法 はテディ・ウィルソン(p)から学んだという。

上の紹介が一番的確だなあ。曲は「自由への賛歌」。レイ・ブラウン(b)とエド・シグペン(ds)によるトリオによる演奏(CD)に比べると落ちるけど名曲だ。米帝はキライだけれどこんな音楽を生み出したアメリカは偉大である。

と思ったら、米国株急反落、ダウ終値449ドル安の1万609ドル(前日夜に米政府と米連邦準備理事会(FRB)が経営不安が強まっていた保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済を発表。ただ、 金融システムへの強い懸念は後退せず、証券大手のモルガン・スタンレーや銀行大手JPモルガン・チェースが大幅に下落するなど金融株を中心に売りが優勢と なった)

そこで、オスカーとミシェル・ルグランのピアノデュオでもう一曲。どんな時も好奇心と希望を失わないなのが人生楽しむためのコツと思うのである。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

百万本のバラ 加藤登紀子

ほんとは「時代おくれの酒場」を出したかったのだけど(この曲も歌舞伎町場末で覚えた)、加藤登紀子本人の歌唱が無かったので、代わりに百万本のバラ。この曲も俺のレパートリーの一つだ。

そして、やっぱり「時代おくれの酒場」。どこかの素人さんが高倉健バージョンで歌っているカラオケ。テレビ番組のアップロードではなく、これがYouTube本来の使い方なんだろう。もっとも、カラオケ事業者の著作権を侵害しているけれど。

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

福島みずほとかっていうヒステリック政治家は日本に必要ですか?

Yahoo!知恵袋、質問者がベストアンサーに選んでくれました。以下、私の回答を転載しておきます。リーマン破綻→NY暴落すれど、多様性こそ豊かさの根源なり。

必要です。ヒステリーも無愛想オヤジもむっつりすけべもみんな日本人、人類ですもの。

そして、政治家をするほどの人はまるっきりアホではないですから、自分が勤まらなくなったら辞めます(福田さん、辞めましたね)
ヒスおばさんを支持す
る人たちもいる。創価を信心する人たちもいる。多様性こそ豊かさの源です。

とカッコつけても、嫌
な奴は嫌ですよねえ。それを言わなくなったらオシマイです。よろしくどうぞ。

※それにしても金融恐慌にもグルジア危機にも何ら言及しない自民党総裁選って何だろう。アメリカと創価学会に縛られて世界の一員としての外交・統治能力が無いことを暴露しているなあ。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

井上陽水 / リバーサイドホテル

\200カラオケ、「逢わずに愛して」の次は「リバーサイドホテル」。陽水はこのシュールでジコチューな雰囲気がよろしい。

責任65、目標80、理想100。百歳で「リバーサイドホテル」を歌って鐘を鳴らしたるねん。と俺はアバウトミーのプロフィールで書いているのだ。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

語りえないものについては、沈黙しなければならない

Yahoo!知恵袋で面白い質問に出会った。質問全文を転載する。

私には到底納得できるものではないので質問させていただきます。

例として、運動方程式をつかいます。どの式でも言えることなので、運動方程式にこだわらないでください。簡単な式なので、例として使うだけです。

同じ力だとなぜ質量が
小さい物質のほうが加速度が大きくなるのですか?と質問すると、こういう式があって(F=ma)、Fが同じだとすると、mが小さいほうがaが大きくなるよね~だから同じ力だと質量が軽い物質のほうが加速度が大きくなるんだよ。と答える人がいます。
そんなのそうなるよう
に式を作ったのだから当たり前だろ!!(←ここが重要)と思ってしまいます。ゆえに、答えになってないだ
ろ!!と思ってしまい
ます。

皆さんはどう思います
か???

物理の題材ですが、考
え方の問題なので哲学カテに投稿させていただきました。

質問者の意図を測りかねるところもあるが俺は

質問の趣旨は、例えば「力、質量、加速度の関係」を訊いたのにあらかじめ準備されている運動方程式で答えるのは納得できない。つまり、物事や概念の関係、理由を問う質問に対して数式で答えるのは納得できない、問題のすり替えみたいに思うということだと理解しました。質問者は、例えば「力とはこれこれの性質のものなのでその性質からすると質量、加速度との関係はこうなる」というような答え、説明を期待していらっしゃるのでしょう。

と理解(曲解)して「知の限界について」と回答した。その後、他の方の回答もあってそれらを見るとあながち曲解ではないような気もしている。対話というものは面白いものである。

そこで、更に対話するべくアバウトミー「宇宙は有限ですか?無限ですか?」を出してみた。最近、荒れ気味のアバウトミーさん、よろしくね。

| | コメント (0)

愁眉を開いた甲子園ヤクルト三連戦

○バースデー復活同点ホーマーに連夜サヨナラ今岡誠
 (9/11ヤクルト戦5-4鳴尾浜から緊急召集スタメン三番
○追加点とれず同点追いつかれ中継ぎ粘り連夜サヨナラ
 (9/10ヤクルト戦4-3お立ち台にはアッチソン、葛城雄叫び
○本塁に金本憤死矢野発奮必死のパッチサヨナラとなる
 (9/9ヤクルト戦3-2中継ぎアッチソン神のような安定感、球児投入後のサヨナラ劇

鳴尾浜で練習を終えた今岡さんは、家に帰って家族でお誕生日会をする予定だったとか。
それがどん様からのホットラインによって、甲子園にそのまま合流。
だったそうである。
これで三塁今岡→関本は一塁へ→一塁葛城、高橋ミチャーンは外野へ弾き飛ばされポジション争い激化の好循環が期待される。もっとも、マジックがもうちょい小さくなれば生みの苦しみ、プレッシャーも覚悟しておこう。

ちなみに、今岡の嫁さんは「球界一のセレブ妻」だそうだ(下のYouTube)。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

Maekawa Kiyoshi - Awazuni Aishite 逢わずに愛して

クラシックが続いたのでここらで趣向を変えて歌謡曲、前川清「逢わずに愛して」だ。

先日、古賀政男音楽博物館(代々木上原)を訪ねてみた。東京・ミュージアム ぐるっとパス2008(\2000、有効期間2カ月)の元を取り返すべく暇つぶしに行ったのだが、館内展示もさることながら、館内地下にあるカラオケスタジオがよかった。なんと、スタジオ使用料:\200/30分、CD録音:1曲目は\1000、2曲目からは\500(5曲まで1枚に録音可)なのである。
代々木上原(昔の俺の通勤乗換駅)で\200/30分はいいなあ。会社の帰りに寄ればよかったなどと思ったけれど、営業案内を見ると17:00までしか営業していない。残念である。

そこで、最初に歌ったのがこの曲。昔、歌舞伎町場末でよく遊んでいた頃に知った曲だ。この論理矛盾の題名が面白い。カラオケもとんとやらなくなったので技量が落ちているのを悲しみつつ歌ったのである。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

Mozart-Divertimento K136

BSハイビジョンで「小沢征爾 魂の響きを伝える」を見て、人間力の根源は①豊かな感性、②緻密な頭脳、③広い視野と行動力であることを発見した。詳細は関心空間俺のキーワードをどうぞ。

この番組で演奏されていたのがモーツァルトのディヴェルティメントK136。この曲は小澤の師、斎藤秀雄が死の間際に、医師の制止を振り切って合宿に参加し、弟子たちに命懸けの指導をした思い出の曲だという。彼らの演奏会では毎年、この嬉遊曲を演奏 する。そして、必ずだれかが泣き出すと、小澤征爾は語っている。あの日の師匠がまぶたに浮かんでくるのだという。それは小澤自身の思いでもあろう。以上、なんとあの聖教新聞から引用である。

上の演奏はユーディ・メニューインの指揮、第一楽章。小澤の演奏を探したのだが見つからなかった。しかし、第二楽章の演奏は見つかったので聴いてほしい。こまやかな愛に満ち溢れた指揮である。K136 divertiment. The second movement.
Seiji Ozawa with Saito Kinen Orchestra.

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

「相手の立場になって考える」と「客観的にみる」は別物ですよね?

Yahoo!知恵袋で表題の質問のベストアンサーに選んで頂いたので俺の回答を転載・記録しておく。例の福田発言「私は自分を客観的に見ることができる。あなたとは違うんです」に触発されての質問だろう、多分。

別物ですが、いきなり

「客観的にみる」のは難しいので、まずは「相手の立場になって考える」から始めるのが妥当かと思います。
裁判に例えると、①被
告たる私がまず、②原告の立場(相手の立場)で考えて、その次に③裁判官(第三者)の視点で眺めて、これらを総合して④「客観的にみる」ということになるのではないでしょうか。

以上、口で言うのは易
しいですが。

ちなみに、俺もアバウトミーで「自分を客観視するコツってありますか?」という質問をYahoo!知恵袋からパクらさせて頂いた。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

Schubert - Death and the Maiden

シューベルトの切なく悲しい旋律がまだ聴き足らないので今度は「死と乙女」第二楽章、これも変奏曲である。演奏はアルバン・ベルク弦楽四重奏団、名演奏だ。上は第二楽章前半なので、これを聴いたら続きも聴きたくなるので下がその後半だ。

ところで、シューベルトは梅毒に感染してその絶望の境地から弦楽四重奏曲「死と乙女」を作曲したとの説がある。どこまで本当かわからないが、そんなゴシップとは全く無関係に聴かれるべき美である。知ってて悪いことはないけれど。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

神の存在証明

Yahoo!知恵袋「神の存在について。皆さんは神という存在を信じますか?」という質問に答えようとして、結論は「悠久の過去から未来永劫まで変わらず存在する神は情報でしかあり得ない」となった。俺版「神の存在証明」である。

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

福田辞任の隠れた真相

アバウトミー経由、自己検索で知ったのだが、福田辞任の真相は

韓国経済がもうすぐ破綻するから、です。ウォンが叩き売られてもはや秒読み段階に入っているんだが、一週間保たないとも言われてるな。で、韓国経済なんか潰れてもザマミロなんだが、困った問題がひとつある。それは、2006年の2月に結ばれたこの協定

ということで、通貨スワッピング契約で100億ドルを韓国に融資せざるを得なくなり、その責任逃れで辞任というのが真の理由だそうだ。「通貨スワッピング契約 福田 辞任」で検索してみるとこの手の情報がわんさと出てくるのでお試しあれ。

ついでにYouTubeロシア人が激白!「朝鮮人とは関わりあうな」というのもあるので下に埋め込んでおく。いずれ誰かの情報操作なんだろうけど、株価急落の折から不穏な情勢ではある。北も南もごっちゃで朝鮮人排斥世論の波がここにある。

韓国への融資が仮にあり得るとして、それは通貨スワッピング契約(小泉政権が締結したもの)を遵守するべく実行するもの、従って福田首相が「責任逃れ」することは不要である。また百歩譲って「責任逃れ」するような後ろめたいことがあるのならば、自民党総裁選で争点にすべきだろう。
福田辞任の真相は、やはり、公明党との関係(ごり押しの定額減税を呑まされた無念がきっかけか)に求めるべきであろう。根拠無き排外的民族感情で目を曇らせてはならない。

①自民党総裁選の煽りで臨時国会召集は結果的に公明党主張通り9月末以降になる。お陰で矢野国会喚問問題は吹っ飛びそう。恥部にさわられなくて大安心だ。
②早期解散の流れはこれで決定的になった。都議選と総選挙の間を(偽装住民票移動のために)三ヶ月以上空けたい公明党にとっては大得点。

| | コメント (2)

いつまでもあなたとあたし秋暑し

Photo いつまでもあなたとあたし秋暑し

先日、(なんと)上野動物園に行った。サントリー財団主催の20世紀の音楽や最新の作品を紹介するシリーズ・コンサート「サマーフェスティバル」のチケットを貰ったので久しぶりに都心へ、そのついでに上野のお山で何か展覧会をと思ったのだ。

新聞で見かけた「東京・ミュージアム ぐるっとパス2008」だと安くフェルメールでも観られるかと思ったのだが、間違い、このパスは常設展中心なので企画展はつまんない百円割引程度しかないことが判明。それでも格安(2千円、二ヶ月有効)なので購入して、旧奏楽堂、東京芸大美術館、そして、動物園などを観て楽しめた。

夜は現代音楽。当然に居眠りはしたけれどそれでも面白かった。大音響不協和音をたっぷり聴けるなんてこういう機会で無いと無いな。来年もチケット貰えないかしら、ゴマをすっておこう。

印象に残った作品を付記記録しておこう。

ベンヤミン・シュテルン(1978- ):生贄
   ~テューバ、ライヴ・エレクトロニクスと管弦楽のための協奏曲~(2004/05)

別の日の演奏では(二組のチケットをもらったのだ)
◇第18回芥川作曲賞候補作品
伊藤聖子(1983- ):ゴーイング・フォース・バイ・デイ
                ~フルート・ソロと室内オーケストラのための**

これは残念ながら賞を逸した。フルート奏者がたたらを踏みながら演奏する作品である。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

シューベルト 弦楽五重奏曲ハ長調

ベートーベンときたらシューベルト。悲しき歌、チェロ二本の弦楽五重奏だ。Alban Berg Quartet and Heinrich Schiff

ベートーベンのop.131弦楽四重奏に対して「この後でわれわれに何が書けるというのだ?」と述べたというシューベルトは、ベートーベンとは違う方向を目指した。それは(ベートーベンには出来なかった)美しく悲しい旋律を綴るということだ。この、弦楽五重奏曲ハ長調(長大な曲だけど)はその記念碑的作品。これも我が青春の一曲である。

そして、先日、この旋律屋シューベルトを更に印象付ける映画「バリー・リンドン」スタンリー・キューブリックに出会った。シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番ホ長調D.929,Op.100から第2楽章が素晴らしく効果的に使われているのだ。YouTubeで捜したらそのものズバリ、映画のシーンが投稿されていたので埋め込んでおこう。農家に生まれた成り上がり志向主人公青年が貴族女性を6時間で恋に堕ちさせる場面である。また、この曲は、映画のラストでも再び使われていて人の世のはかなさを歌い上げている。

かくして、悲しくなりたいときはシューベルトを聴くとてきめんに効くのである。

| | コメント (2)

原理と戦術、利他と利己、どれがいいですか?

人生方程式、遂に完成したかな。

 人生=エゴ(損得、好き嫌い)+志(心、快楽)

だったけれど、これを 

 人生=利己(損得、好き嫌い)+利他(快楽)

とすることにした。そして、原理は利他的(すなわち快楽原理)、戦術は利己的(功利的狡猾に)と考えるのである。これで利他と利己を統一的に把握できるし、利他原理=快楽原理と至上の快楽を手に入れることができるのだ。

アバウトミー「原理原則を誠実真面目に追求し、戦いは功利的狡猾に駆け引きもたっぷりに出来るのが大人です。口で言うのは易しいけれど」恩義さんのお陰である。

| | コメント (2)

2008年9月 2日 (火)

Pollini - Beethoven - Sonata n.32 op.111 [2-1] Arietta

ベートーベン後期弦楽四重奏OP.131の次はベートーベン最期のピアノソナタの第2楽章。
Maurizio Pollini plays Beethoven's Sonata for piano n.32 op.111 in C minor.
Second mvt. (first part): Arietta. Adagio molto semplice e cantabile.

ベートーベンの弦楽四重奏は手紙、ピアノ・ソナタは日記とよく言われるけれど、このピアノソナタの第2楽章は日記の中でも白眉のお得意変奏曲。上に引いた部分(第2楽章前半。後半部分もYouTubeにあるが何故か再生状態が悪い)の終わりの方では、まるでジャズ・スイングしているようで好きだ。この曲も名曲喫茶で知ったのかなあ、ずーっと大昔からのお気に入りである。

ついでに、ピアノ・ソナタop.109も名曲である。だいぶ以前にBS2が放送したピーター・ゼルキン(祖父はヴァイオリニストで作曲家だったアドルフ・ブッシュ、父はピアニストのルドルフ・ゼルキン)が素晴らしかった。よし、今から探してみよう。

で、見つけたのが3rd MOVEMENT- Glenn Gould - Beethoven - Sonate opus 109。グールドのベートーベンは(バッハと違って)耳に馴染まない。何故だろう。

| | コメント (0)

朝ズバっ「与野党大激論」に公明党欠席

みのもんたによると「8時から党幹部会があるので出席できない」とのこと。
今日は出席しても損するだけという判断があったのではないかと邪推してしまう俺である。

ところで、今回の福田辞任劇で得したのは公明党だろう。
①自民党総裁選の煽りで臨時国会召集は結果的に公明党主張通り9月末以降になる。お陰で矢野国会喚問問題は吹っ飛びそう。恥部にさわられなくて大安心だ。
②早期解散の流れはこれで決定的になった。都議選と総選挙の間を(偽装住民票移動のために)三ヶ月以上空けたい公明党にとっては大得点。

さて、自民党総裁選。華々しくやるなら自公連立政権の是非を是非とも争点にしてほしい。あ、個々の政治家が創価・公明党からカネを貰っているからダメか。

こうして、日本の民主主義は崩壊瀬戸際である。壊せ、鶴のタブー。マスコミは創価学会・公明党の闇を報道せよ。

※今朝のテレビをわりと熱心にフォローしたのだが、福田辞任とインド洋給油延長問題との関係を伝えたメディアに出会わなかった。鶴のタブーに並んでワシントンタブーもあるということか。

| | コメント (2)

福田辞任の真相

俺の第一感は「またかよ」、第二感は「公明党に対する破れかぶれの反撃」、もう少し考えて第三感は「公明党との亀裂が大きくならないうちに選挙をするための手順。麻生総理の手による解散で勝負」だったけど、今放送中のTBSで田勢氏(元日経新聞編集委員)<2005年衆院選より、「筑紫哲也NEWS23」(TBS)の選挙前予想スペシャルにてコメンテーター(予想屋)を務めている。この際、他のコメンテーターの予想が「与党野党の五分五分」であったにも関わらず「小泉自民の圧勝」を予想し、意見が違う岸井成格と激論となるが、田勢の予想が的中>が「相当練られた戦略だ。民主党無投票代表選を向こうにして相当華々しい自民党総裁選をやる計画ではないのか」とコメントしていた。

ということで次期総理は小池某おばさんと読む。誰か、賭けてみる?

※小池にせよ麻生にせよ、国民を馬鹿にした話である。自公政権、末期症状なり。

| | コメント (1)

2008年9月 1日 (月)

二百十日ここまで来たぞ首位阪神

Photo 久しぶりに句を得たので嬉しくなった。試合は負けたけど。

写真は阪神「初の月間負け越し」危機感つのらす主砲金本より拝借。

▼阪神・金本 内海どうこうじゃない。ウチが弱いということよ。いままで勝ってきたことがマグレだった。タマタマだった。今が本当の力ということ。スターティングメンバーの中に力のあるバッターがいるか。ウチは弱いということ。

と激を飛ばしている。「毎年よ連休明けに落ちるのは」と思っていたファンにとって今年は既に望外の喜びである。謙虚だなあ、俺。

●ジェフ炎上内海も打てず惨敗し負け越しの夏終る八月
 (8/31巨人戦1-6バル守備スーパープレイ/8月は9勝11敗) 

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »