« 朝ズバっ「与野党大激論」に公明党欠席 | トップページ | 原理と戦術、利他と利己、どれがいいですか? »

2008年9月 2日 (火)

Pollini - Beethoven - Sonata n.32 op.111 [2-1] Arietta

ベートーベン後期弦楽四重奏OP.131の次はベートーベン最期のピアノソナタの第2楽章。
Maurizio Pollini plays Beethoven's Sonata for piano n.32 op.111 in C minor.
Second mvt. (first part): Arietta. Adagio molto semplice e cantabile.

ベートーベンの弦楽四重奏は手紙、ピアノ・ソナタは日記とよく言われるけれど、このピアノソナタの第2楽章は日記の中でも白眉のお得意変奏曲。上に引いた部分(第2楽章前半。後半部分もYouTubeにあるが何故か再生状態が悪い)の終わりの方では、まるでジャズ・スイングしているようで好きだ。この曲も名曲喫茶で知ったのかなあ、ずーっと大昔からのお気に入りである。

ついでに、ピアノ・ソナタop.109も名曲である。だいぶ以前にBS2が放送したピーター・ゼルキン(祖父はヴァイオリニストで作曲家だったアドルフ・ブッシュ、父はピアニストのルドルフ・ゼルキン)が素晴らしかった。よし、今から探してみよう。

で、見つけたのが3rd MOVEMENT- Glenn Gould - Beethoven - Sonate opus 109。グールドのベートーベンは(バッハと違って)耳に馴染まない。何故だろう。

|

« 朝ズバっ「与野党大激論」に公明党欠席 | トップページ | 原理と戦術、利他と利己、どれがいいですか? »

土曜日名曲アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝ズバっ「与野党大激論」に公明党欠席 | トップページ | 原理と戦術、利他と利己、どれがいいですか? »