« NYダウの過去5年チャート | トップページ | イギリスとアメリカの金融危機対応の違い »

2008年10月13日 (月)

今日のところは反騰、しかし…

globexが急騰しています。リーマンのCDS清算で大きな不安材料がひとつ消えたということでしょう、多分。欧州株、NYも今日のところは反騰するのとちゃいますか。PKOかもしれんけれど。

とにかくもまあ取り付け騒ぎは一段落でしょう。中国、中東の金がアメリカに入れば底打ちです。そのためのとりあえずの反騰かも。

|

« NYダウの過去5年チャート | トップページ | イギリスとアメリカの金融危機対応の違い »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NYダウの過去5年チャート | トップページ | イギリスとアメリカの金融危機対応の違い »