« 二回目のライヴ現代音楽鑑賞 | トップページ | なぜ、人文社会科学は客観的科学たり得ないか »

2008年10月 3日 (金)

寺井尚子 ラ・クンパルシータ

先日、BS2が放送した東京JAZZ2008で寺井尚子(名前を聞いたことはあるような記憶が)が面白かったのでYouTube検索して、タンゴがいいなあ(ピアソラだと尚better)と引っ張り出したものである。

寺井尚子については

もともとはクラシックを専攻していたが、腱鞘炎にかかり練習中断を余儀なくされた時にビル・エヴァンスに触発されジャズに目覚める。
ジャズバイオリンの世界ではステファン・グラッペリ、レイ・ナンスなど、スウィンギー、かつ
グリッサンドを生かした演奏が多い中で、寺井はバップの基本スタイルを徹底的にマスターしたと思われるアドリブを展開しジャズ・バイオリン奏法に新しい解釈を与えた。

とウィキにある。少しふくよかな顔に若干の色気を感じる。音楽も色気である。今度、図書館でCDをリクエストしてダビング編集しよう。

そこで、東京JAZZを見逃した人のために今後の放送予定。

【東京JAZZ2008 ダイジェスト】 NHK 総合
10月3日(金)深夜【土曜午前】00:10~01:42
【東京JAZZ2008】 NHK BS2
10月6日(月)深夜【火曜午前】00:00~01:29〈8月29日 19:00公演の模様〉
10月7日(火)深夜【水曜午前】00:00~01:29〈8月30日 13:00公演の模様〉
10月8日(水)深夜【木曜午前】00:00~01:29〈8月30日 19:00公演の模様〉
10月9日(木)深夜【金曜午前】00:15~01:44〈8月31日 13:00公演の模様〉
10月10日(金)深夜【土曜午前】00:40~02:09〈8月31日 19:00公演の模様〉


 

|

« 二回目のライヴ現代音楽鑑賞 | トップページ | なぜ、人文社会科学は客観的科学たり得ないか »

土曜日名曲アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二回目のライヴ現代音楽鑑賞 | トップページ | なぜ、人文社会科学は客観的科学たり得ないか »