« Barenboim シューベルト《ます》 | トップページ | Elgar Cello Concerto 1st mov.@Jacqueline Du Pré »

2008年10月18日 (土)

銀木犀平成昏れて二十年

Photo 銀木犀平成昏れて二十年

先日の立川、昭和記念公園コスモス吟行で(恥ずかしながら)初めて銀木犀を認識した。瀟洒で可憐な白い花である。

学名的にはキンモクセイ(金木犀)の母種ということでしょうか。キンモクセイはオレンジ色の花が咲きますが,ギンモクセイは白い花をつけます。花の形は似ています。匂いはキンモクセイに劣るそうです。雌雄異株ですが,日本には雄株しかないそうです。

とのことだ。

 銀木犀詩の投函は昏れてより       宮脇白夜
 銀木犀文士貧しく坂に栖み         水沼三郎
 山麓の百年の家銀木犀           坪内稔典
 銀木犀誰にも弾かれぬははの琴     石川サト子

|

« Barenboim シューベルト《ます》 | トップページ | Elgar Cello Concerto 1st mov.@Jacqueline Du Pré »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Barenboim シューベルト《ます》 | トップページ | Elgar Cello Concerto 1st mov.@Jacqueline Du Pré »