« 金融危機は日本人民にとって千載一遇の好機なり | トップページ | 四周年通ひ慣れたる日帰り湯三百円のビールは旨し »

2008年10月22日 (水)

小夜の中山

阪神タイガースの今年が終わったけれど、お陰で駄歌を詠む(阪神応援短歌)癖が復活してしもうた。そこで、アバウトミー質問「なぜ、好きなんですか?」のコメにコメ返しは短歌にしようと思い、「夜を重ね昼を過ぎたる日々ありて」までは詠めたが後が続かない。

ええい、困った時は本歌取り。西行法師頼みと「いのちなりけり小夜の中山」と下の句をつけた。

 夜を重ね昼を過ぎたる日々ありていのちなりけり小夜の中山

西行でよかったかなあ、小夜の中山だっけと後から確認、ネット検索して

小夜の中山峠
 箱根と並び称される東海道の難所。古
くから多くの旅人達が、この峠に苦しめ
られながらも、数々のうたや伝説を伝え
てきた景勝の地です。

を見つけて一安心。一度見物に行ったうっすらとした記憶を思い出したのである。




 

|

« 金融危機は日本人民にとって千載一遇の好機なり | トップページ | 四周年通ひ慣れたる日帰り湯三百円のビールは旨し »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金融危機は日本人民にとって千載一遇の好機なり | トップページ | 四周年通ひ慣れたる日帰り湯三百円のビールは旨し »