« テレビには名演説があふれたり一応信ずYes We Can | トップページ | サンタクロース早くも街に現れて紅葉並木を眺めて帰る »

2008年11月 6日 (木)

Mahler Symphony no. 1, 4th mov. Eschenbach

オバマ大統領誕生を祝して、「巨人」マーラーの終楽章である。Orchestre de Paris
Christoph Eschenbach, conductor Recorded at la Salle Pleyel, Paris - 2007

大統領選挙に関するテレビ報道を見て、①これまで諦めて一回も投票したことがなかった貧しい黒人女性(52)が初めて投票所に足を運んだこと、人種偏見を乗り越えてオバマに一票を投じた白人労働者の存在などを知った。
一方、②オバマは「イラクよりアフガン。ビンラディンを殺してアルカイダを抹殺する」と演説している。

アメリカの大統領は「戦争遂行と貧困対策の二正面作戦」を迫られる存在だということをオバマはジョンソンの轍を踏むか?を踏まえて思い起こしておこう。巨人アメリカと同盟国ポチであることしか許されない我々のために、Yes we can changeと信じつつ。

下は「巨人」終楽章後半である。

|

« テレビには名演説があふれたり一応信ずYes We Can | トップページ | サンタクロース早くも街に現れて紅葉並木を眺めて帰る »

土曜日名曲アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビには名演説があふれたり一応信ずYes We Can | トップページ | サンタクロース早くも街に現れて紅葉並木を眺めて帰る »