« 一日一首継続中(花水木とルービンの盃) | トップページ | Nishikiori Ken - Koujyouno Tsuki 荒城の月 »

2008年11月 2日 (日)

金融サミット、米ロ対決?

金融危機はアメリカvsロシアのチキンレース?説をちょっぴり抱いている俺は、今回の騒ぎの中でロシアがどう動くかということが気になっているのだが、ロシアの動向がメディアではなかなか報道されない。そんな折に昨日の日経がようやくこんな記事を載せていたので一部転載記録しておく。

【モスクワ=古川英治】ロシアのメドベージェフ大統領は31日、主要国(G8)に中国などを加えてワシントンで開く緊急首脳会合(金融サミット)でロシアが 提案する内容を明らかにした。外貨準備の通貨や金融拠点の多様化を求める。ドルを基軸通貨とする国際金融体制の見直しを迫るもので、米国の「一極支配」へ の批判を強めるロシアは金融危機を利用し、経済面でも攻勢を掛ける構えだ。

サミットに向けて事務方が水面下で調整しているとは思うが、さてどうなることか。アメリカにとって強いドルは最大の国益、そして、高い原油はロシアの生命線だったのだ。

|

« 一日一首継続中(花水木とルービンの盃) | トップページ | Nishikiori Ken - Koujyouno Tsuki 荒城の月 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日一首継続中(花水木とルービンの盃) | トップページ | Nishikiori Ken - Koujyouno Tsuki 荒城の月 »