« 正月は日本酒飲まむと迷えどもメタボ怖れて宝山となる | トップページ | Das Rheingold - finale »

2008年12月30日 (火)

カラヤンの「ラインの黄金」

この週末のBS2クラシックロイヤルシートはカラヤンの「ラインの黄金」。ちょっと以前にBShiで放映していたがBS2でも今回放映となったもの。

ところで、今年の収穫の第三はCATVのSTBを購入(正確にはレンタル)したこと。久しぶりの我が阪神快進撃にたまらず、調子の落ちかけた8月に(俺が行動すれば上向くだろうと妄想)神宮以外の全試合を応援したくて毎月\5880の決断をして購入したのである。

そのSTB購入の余禄がBShiが視聴できるようになったこと。今回の「ラインの黄金」のように先行放映があるし、先日は「まるごとプッチーニ」でボエーム@ネトレプコ&ビリャソンを楽しめるなどBShi独自プログラムもある。

H1 問題は、STBにはDVD装置がついてなくてダビングできないことだ。メーカー(パナソニック)の戦略としてはBDビデオ購入に誘導するというものだろう が、まだまだ高い。先日、秋葉原で視察したらバナのBD最高機種(BW930)HDD1TBが19万弱だった。たかがビデオにそんな大金を使う余裕は無いし、このデフレ不況、 買い控え様子見価格低落待ちを決め込んでいる。2011年地デジ全面移行までにはもっと安くなるだろうし、ひょっとしたらPCホームサーバーなどという商 品も出るかもしれないと期待している。

ということで、カラヤン「ラインの黄金」は通常DVDにダビングしてHDDの空きを作らねばならない。冥土の土産DVDと称しているのだが、ダビングしたDVDがもう三百枚近くにはなるだろう。再鑑賞することもないのがほとんどだろうに我ながらご苦労なことだ。

ちなみに、この「ラインの黄金」\6500で市販されているようだ。儲かったと思っておこう。

|

« 正月は日本酒飲まむと迷えどもメタボ怖れて宝山となる | トップページ | Das Rheingold - finale »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月は日本酒飲まむと迷えどもメタボ怖れて宝山となる | トップページ | Das Rheingold - finale »