« 沢田研二の「わが窮状」 | トップページ | 原理と道理の関係について »

2008年12月22日 (月)

クリスマスキャロルを聴いて行く上野アメ横ははや年の瀬の売り

クリスマスキャロルを聴いて行く上野アメ横ははや年の瀬の売り

「お出かけ 東京」で検索したら国立西洋美術館でアカペラ/クリスマスキャロル無料コンサートがあるのを知り、出かけた。開演予定時刻より20分以上早く着いたけど、椅子に腰掛けて開演を待ちムービー撮影など(出来が悪くて申し訳ない)。

出演は東京藝術大学有志(卒業生も含むようだ)。
sop.谷原めぐみ、alt.坂上賀奈子、ten.田中研、bas.加来徹(来の字はフォントが無い。失礼)。
bas.がよかったなあ。姿勢がいい。背筋をピンと伸ばして朗々と歌っている。他の皆さんもさすが、藝大である。素敵なハーモニーを楽しめた40分、あっという間であった。

美術館を出て上野のお山を歩いていたら今度はストリートライブ。ロスアウキスというグループのフォルクローレであった。撮影させてもらって申し訳ないので100円喜捨(しぶちんだなあ、俺)。不忍池を歩いて御徒町でラーメン昼食、アメ横眺めて上野、御徒町散歩となった次第である。

|

« 沢田研二の「わが窮状」 | トップページ | 原理と道理の関係について »

「短歌写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢田研二の「わが窮状」 | トップページ | 原理と道理の関係について »