« 天王寺 - 木村充揮&大西ユカリと新世界 | トップページ | まだ、一首ができていない »

2008年12月11日 (木)

歌ひとつ詠まむ と思い振り返る昨日の空に裸木は立つ

歌ひとつ詠まむ と思い振り返る昨日の空に裸木は立つ

土曜日(一応)一日一首を心がけているのだが、昨日の歌が今朝未明の時点でまだ出来ていなかった。どうすんべえかと寝床の中で、昨日の朝撮った空模様(上の動画)を思い出しながらなんとか詠んだのがこの歌である。ほとんど意味不明難解抽象歌である。継続することに意味があるのである。


ついでに、もうひとつ動画(東京MXテレビ番組の一部)。このたび、マンスリーコンサートに出演エントリーして頂いたJames.Kさんだ(来年4/24出演予定)。豊かでエロチックなバリトンである。

New York City育ち、KEIO大卒、France人のチ少々。
Pops, Jazz, Musical numbers, Rock, Hawaiian, Western等
そのレパートリーは数百曲に及ぶ

3オクターブ近い声域をもつパワフル ボーカリスト。


ということである。今からコンサートが楽しみである。

|

« 天王寺 - 木村充揮&大西ユカリと新世界 | トップページ | まだ、一首ができていない »

「短歌写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天王寺 - 木村充揮&大西ユカリと新世界 | トップページ | まだ、一首ができていない »