« Vladimir Horowitz plays "Raindrop" | トップページ | ブラジルが世界を救う? »

2009年2月 2日 (月)

他人事と思ひてニュース見たれども浅間の灰の多摩にまで降る

今朝は歌が浮かばぬなあと思いつつも、用足しのために駐車場に行ったら車が汚れている。なんだ?と思ったけれど、そういえば朝のニュースで浅間が噴火、火山灰が羽村に降ったなどと伝えていたことを思い出した。

 他人事と思ひてニュース見たれども浅間の灰の多摩にまで降る

ということで駐車場→車での一首。用足しから戻って検索したら、「気象庁は2日、群馬・長野県境の浅間山の噴火で長野県軽井沢町のほか、東京都千代田区、同福生市、同府中市、同昭島市、同立川市、横浜市など関東地方南部でも降灰が確認されたと発表した。浅間山の噴火による降灰が千代田区で確認されたのは2004年9月以来だという」だそうである。

ところで、本首、ちょっと考えて旧仮名にした。最近、新仮名で行こうかと思っているのだが、文語で新仮名は矢張り気持ちがワルイのだ。ともあれ、一日一首、浮かんでよかった。

|

« Vladimir Horowitz plays "Raindrop" | トップページ | ブラジルが世界を救う? »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vladimir Horowitz plays "Raindrop" | トップページ | ブラジルが世界を救う? »