« 宗教は現世ご利益を扱うか | トップページ | ユーミンを聴きつつ歩く三時間すぐには減らぬ体重なれど »

2009年3月 9日 (月)

見仏入門

Daisyoumen3 呵々大笑世間虚仮也観音を拝み始める見仏の道

を読み始めたのだが、この本、写真の映りが非常に悪い。P3090002 中には仏のお姿が判然としないものもある。価格を安く抑えるために写真の品質が落ちるのも已む無しと考えたんだなあ、NHKは。ちゃんと仏像を見たかったら番組視聴及びビデオ購入せえと言いたいんだろう、多分。

そこで、この本に出てくる仏像のネット探索により写真の映りを補完することにした。グーグルノートブックにも新規ノート作成して画像・記事等を蓄積することにした。

そんな仏像探検の今日の収穫が、滋賀県向源寺の十一面観音の後頭部にある暴悪大笑面(冒頭の写真)。二十年以上以前、津に転勤していた頃に訪ねたことがあるのだが、このお顔は記憶に無かった。見れども見ていないことの証左の一つである。

ところで、見仏入門。

住職に案内されて国宝仏の前に座った時。「今から私が5分間だけ説明しますので。」と言われ仏欲観音は説明を聞いていた。色々と説明される度に仏欲観音が ごく普通に、あいずちをうっていると。なんだかワザと咳き込んで住職が「あいずちをうたないで下さい。話が出来ませんので黙っていて下さい!!」と言われ た。

などと苦労見仏されている先達に学んで行きたい。

 仏にはなれぬ我が身と知りながらせめて生きたし菩薩の道を

|

« 宗教は現世ご利益を扱うか | トップページ | ユーミンを聴きつつ歩く三時間すぐには減らぬ体重なれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宗教は現世ご利益を扱うか | トップページ | ユーミンを聴きつつ歩く三時間すぐには減らぬ体重なれど »