« 夕張は日本の明日医療費を削減せむとプールへ歩く | トップページ | 著作権侵害を反省 »

2009年3月30日 (月)

身延山枝垂桜の春が来て妙法蓮華経邪心戒む

Photo 身延山枝垂桜の春が来て妙法蓮華経邪心戒む

金曜から火曜まで姑はショートステイ(老人ホームに外泊)。
そこで、土曜は六義園、小石川後楽園、昨日日曜は身延山の枝垂桜見物。
枝垂桜は彼岸桜系の品種のようでソメイヨシノよりも先に咲いて(これが今年の発見)、いずれも満開であった。

Photo_2 身延山に行くのは二回目。前回は桜の季節ではなかったので印象が薄かったが、今回は濃密。こんなに枝垂桜を楽しめるとは、まさに三昧のお寺、お山、ロープウェイに乗って奥の院に行けば富士も楽しめた。

Photo_3  春来ればまた一度来む身延山妙法蓮華経いのちある間に

また、写真の石段(287段、高さは104m)を登らねばならぬな。まだまだ元気に南無妙法蓮華経。

三門をくぐった所から始まる急な石段は、佐渡の熱烈な信者、仁蔵(にぞう)の発願(ほつがん)によるもので、「菩提梯(ぼだいてい)」と言い、石段の数は287段、高さは104mあり、三門と久遠寺本堂を結んでいます。
菩提梯には、仏教で言う所の「菩提」──悟りに至る梯(きざはし)の意味が込められており、七区画に分けられた石段は、「南無妙法蓮華経」の御題目七文字になぞらえています。

昨日は高速道路千円開放二日目。帰路は中央道を採ったのだが、談合坂SAからはずっと渋滞だったが、なんとか流れてはいて一時間ほどの辛抱であった。麻生さんに一応感謝である。

|

« 夕張は日本の明日医療費を削減せむとプールへ歩く | トップページ | 著作権侵害を反省 »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕張は日本の明日医療費を削減せむとプールへ歩く | トップページ | 著作権侵害を反省 »