« 暇人も世間の波に時に乗りサーフィンしては水を飲むなり | トップページ | マンション等安心居住推進事業 »

2009年4月29日 (水)

CDへのダビング不良とその対策

先日のマンスリーの録音をダビングしようとしたらエラーメッセージが出た。調べてみると、

書き込み速度が原因で、CD-R または CD-RW ドライブがバッファ処理エラーになっている可能性があります。この問題を解決するには、より低速の書き込み速度を選択します (デフォルトでは、Windows Media Player は最も速い速度で書き込みを行うように設定されています)。この対処は、USB の CD-R および CD-RW ドライブでは特に効果的です。

ということのようだ。オカシイなあ、今まで何の問題もなかったのに、なんでこんなのが出るようになったんだろう。48倍速のCD-R(たまたま安く売って いたのを意識もせずに買ったもの)を今回から使用し始めたせいかなあ。ようわからんけれどとにかく、8倍速で書き込むようにして事なきを得ている。

CD、DVD周りは訳のわからんことが時々ある。特に、DVDは要注意。ダビングしても後で読めないことが結構あるのだ。先日、量販店のニイチャンに訊い たら「ビデオデッキとDVDの相性ですかねえ」と言うだけで有効なアドバイスはくれなかった。あまりに安価なCD、DVDは買わないようにしよう。

|

« 暇人も世間の波に時に乗りサーフィンしては水を飲むなり | トップページ | マンション等安心居住推進事業 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暇人も世間の波に時に乗りサーフィンしては水を飲むなり | トップページ | マンション等安心居住推進事業 »