« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

雨の日はピアソラ聴いて傘さしてプールへ歩く時間を抱いて

先日、稲城の図書館で上のCDを発見して借りて来て、ネットで検索したら1982年の東京ライヴがあり(こちらの方が評判が良さそうなので)八王子図書館にリクエストして入手、昨日の雨の中、傘をさしてプールへ歩く道中に聴いた。

実は多摩図書館でピアソラのベスト版CD(多分)を借りて聴いた記憶はあるのだが、今回改めてピアソラのバンドネオン(及び五重奏団)を聴いて、熱い演奏者でもあったことを認識した。雨の朝、新鮮で猥雑でエロチックなタンゴを聴きつつ歩く快楽、まさに「時こそはわがしづけき伴侶」である。

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

身の丈の暮らしをせむか大画面テレビも我はミニ(32)慎ましく

Photo エコポイントを契機に買い替えを決断した。一昨日の午後にテレビ、ビデオが到着して、昨日はプールにも行かずテレビ、ビデオと戯れていた(夕方からはマンスリーがあったので外出)。所感をいくつか記録しておく。

①32インチのレグザ、確かに画面が綺麗だ。そして、地デジと地アナを見比べるとはっきりと違いを認識できる。地デジはくっきり、地アナはべっちゃりと形容できる。フレッツテレビ開通未済(6/9予定)なのでBSデジタル、BShiが楽しみだ(音質も期待)。

②それでもほんとは37インチにしとけばド迫力があってよかったなあなどとはこれっぽっちも思わない。人間、身の丈に合わせた暮らしが第一と言い聞かせている。

③それにしてもデジタル家電は複雑。思うに、ちゃんと接続すらしていない人もいるのではないだろうか。俺の場合、事前予習をこなしていたからテレビとビデ オはHDMI接続/HDMIケーブルは付いてこないということを知っていたので(ケーブルをさくらやにサービスさせた)HDMI接続したけど、せっかくのデジタ ル機器をアナログ接続の人もいるような気がする。

配送のオニイサンも(人によるだろうけど)知識、親切心は様々だろう。俺の場合、既存ビデオのテレビへのアナログ接続不備でもう一度来てもらい、ついでに レグザリンクのビデオ側使用設定(サポートセンターみたいなところに電話して必要なことが判明したようだ)をしてもらったという経緯があった。

④ビデオの番組表は見かけがちゃちだし使いづらい。慣れるしかないか。編集機能は豊富だけど、どこまで俺が使いこなすかも疑問。

身の丈の暮らしをせむか大画面テレビも我はミニ(32)慎ましく

ということで、

ビデオは \84,800(10%ポイント)→   実質\76,320
テレビは\138,000(10%ポイント)→実質\124,200
にヤマダ価格を引き合いに出しての価格交渉でHDMIケーブルをサービス。
これにフレッツ同時契約3万円引き、エコポイント1.2万で合計ー\158,520の買い物であった。


| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

阪神の試合はあれどコロンボのビデオ眺めて寝入る幸せ

Base01 Pic_20 もう今年は諦めた、見限った、見飽きた、見損なった。
昨日などは多摩テレビCSで中継があるのに、ちらと見ただけでどうせ駄目だろうと、溜まっているBShi放映「刑事コロンボ」(ノーカット版68本放映中)ビデオ在庫を鑑賞した。

そしたら、なんと、昨夜は勝ったではないか(新井、6号逆転3ラン!右中間へ会心の一撃)。どうも俺が見ないと勝つようだ。

よし、これからは見ないように努めよう。かねがね放逐したかった多摩テレビも来月一杯で解約、フレッツテレビに切り替える(6/9導入予定)ことだし。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

我が胸に愛ひとつあり永遠の誰にも告げず契りしままに

Jpg 我が胸に愛ひとつあり永遠の誰にも告げず契りしままに

こないだスライドショーにしたバラの写真のうちのひとつをパソコンデスクトップにしているが、我ながら出来がいいので短歌写真にして記録しておく。歌は添え物作り物下らぬものだ。

ついでに写真をもう一枚。いずれもバラ、マチルダという品種だ。Jpg_2

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

盧前大統領の遺書全文 「誰も恨むな」

あまりにも多くの人たちのお世話になった。わたしのために多くの人が受けた苦痛はとても大きい。これから受ける苦痛も推し量ることができない。余生も他人 の荷物となるしかない。健康が良くないので何もすることができない。本を読むことも、文章を書くこともできない。あまり悲しむな。生と死はすべて自然の一 部ではないか。すまないと思うな。誰も恨むな。運命だ。火葬にしてくれ。そして家の近くに、ごく小さな石碑を1つだけ残してくれ。長く考えた末のことだ。

なんかウラがあるのではないか、誰かが仕組んだ事件ではないかと妄想してしまう。真実は結局、わからないのだろうけど。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

おばさんとユーミン歌い午前様未明に目覚めオペラ聴きをり

おばさんとユーミン歌い午前様未明に目覚めオペラ聴きをり

昨夜は久しぶりにカラオケ。ユーミン「チャイニーズスープ」を歌った人がいて吃驚だった。
そこで、検索して歌詞と上の動画。

「莢がわたしの心なら
豆はわかれたおとこたち
みんなこぼれて 鍋の底
煮込んでしまえば 形もなくなる
もうすぐ出来上り」
というのがシュールで人を食っていて、でも、乙女心が表れているようでもあって面白い。

動画の方はユーミンのライブ映像集で延々続くので要注意。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

四肢伸ばし背泳ぎしたり市営プールインフルエンザ多摩にも及び

今日のプールは昨日の半分の人出。みんな警戒し始めたんだあ。

| | コメント (0)

ピアソラを図書館棚に見つけたりわが町ならず隣の町に


アファナシェフの平均律クラヴィア第一巻を返して第二巻を借りようと思って稲城の図書館に行ったら、ピアソラがあったので、借りてきた。


わが町、多摩市はけちんぼなのでCDライブラリが全く追加更新されていない。しようがないから俺はこうして八王子や稲城に出張しているのだ。

 ピアソラを図書館棚に見つけたりわが町ならず隣の町に

ちなみに、ピアソラの82年来日ライヴが八王子にあったのでリクエストした。



ところで、Windows7が年内発売のようだ。VISTAの買い控えが起きるだろうなあ。VISTAを買うかとちょっと思ったけれど、相当安くならないと買わない。ということで、パソコン買い替えは来年の今頃か。

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

花園を出でて残り香匂ふれば帰らざる河遠きに見ゆる

Jpg 今週の月曜日に神代植物公園に薔薇見物に行った。
撮った写真を整理していたらスライドショーにしたくなってしまい、更には音楽もつけてしまった(コーちゃん、ごめん)。マチルダという品種の薔薇を主役にスライドショーを仕立てたつもりだ。マチルダは、ひとつの枝から数個の花を咲かせ(房咲き)、春から秋にかけて花が咲き続ける(四季咲き)品種だそうである。

冒頭の写真は栴檀の花である。栴檀は双葉より芳しい、芳香がしたと思ったら、「栴檀は双葉より芳し」(せんだんはふたばよりかんばし)の諺でよく知られるが、これはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指すそうである。

| | コメント (2)

2009年5月18日 (月)

小沢代表代行!

Tky200905170109 岡田氏は「鳩山代表のもとで、しっかりがんばりたい」とそれぞれ決意表明したそうである。

今回の党首交替劇は「小沢は総理にはしませんから政権交代のため清き一票を民主党に」という(シナリオ)メッセージだと理解した。公明党と共産党がが嫌いな俺はそれでも民主党に一票を投じるが。

| | コメント (0)

シアワセは脳の体操右左動かす手指のきらきら星よ

カシオのキーボードにソングブックなる付属の曲集が付いていて、レベルAの第一曲と第二曲が「きらきら星」と「ちょうちょう」である。右と左、別々の動きをさせるのは老化防止にもいいんだろうなあと思いつつ、昨日は二時間ほど練習した。

そこで、いつかYouTubeにアップするべく他者先行事例を検索。

また、コードもいつかマスターするべくこんな本を八王子図書館から借りた。

自動伴奏を聴きながらたどたどしく右と左と脳の運動をしているとピアノ協奏曲を弾いている気分になるシアワセな俺である。

 シアワセは脳の体操右左動かす手指のきらきら星よ

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

キーボード到着すれば晩酌後眠らず歌ふ荒城の月

Photo AMAZONで買ったキーボード(\24499)が到着した。翌日を待ちきれず晩酌酌後、梱包を解いて触り始めてしもうた。
曲集がついていて、選曲して自動演奏スタート、マイクでカラオケも歌うことができる。「荒城の月」など美声の更なる鍛錬中。

ところが問題発生。キーボード入力は自動伴奏と共に録音可能だが、マイク入力は不可みたいなのだ。マズイ、これは欠陥ではないのか!立腹しながらコールセンターに電話しよう。

 キーボード到着すれば晩酌後眠らず歌ふ荒城の月

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

囀りを聴きつつ歩む渓谷に緑の息吹しみわたりけり

囀りを聴きつつ歩む渓谷に緑の息吹しみわたりけり

昨日、西沢渓谷に行ってきた。渓谷一周(10km)はこれで三回目かなあ。何の鳥かわからないが囀りが心地良かったので今回、デジカメ動画で音声採取してみたのが上の動画である。

Photo 前回は「石楠花の秘め事淡く渓谷に」なる駄句をひねったのだが、今回は駄歌。俳句も短歌もカメラも駄目、努力が嫌いな我が身である。Photo_3

もう一枚、富士。渓谷からの帰途の富士である。Jpg
 

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

六十の手習ひせむとキーボードヤマダで触りアマゾンで買ふ

定額給付金を使って消費拡大に貢献するべく、Kbを買った。

上はマーケットプレイス商品なのでカードでしか買えない。そこでAMAZON本体から\24499(消費税込み)、銀行口座振込みで購入することにした。
ちなみに、ヤマダで現物確認済み、\29800/ポイント10%であった。

中高とブラスバンド、社会人になってからフルートとピアノを少々、どれもものにならず中途半端。人生最後のチャンスである。

ちなみに、この商品に決めたポイントは①マイクが付いているからカラオケでも使える②パソコンに接続できる。また、SDカード等でやりとりもできる。従って、当然に演奏録音のYouTubeアップロードを視野に入れているのである。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

出会ふ人みな観音さまと拝みつつ我が知恵誇る性のかなしき

ウィキによると、

観音が世を救済するに、広く衆生の機根(性格や仏の教えを聞ける器)に応じて、種々の形体を現じる。これを観音の普門示現(ふもんじげん)という。法華経「観世音菩薩普門品第二十五」(観音経)には、観世音菩薩はあまねく衆生を救うために相手に応じて「仏身」「声聞(しょうもん)身」「梵王身」など、33の姿に変身すると説かれている。

そうである。

ところで(と、また、知識をひけらかすことになるのだが)本質主義と社会構築主義(構造構成主義)との対立はプラトニズムvs反プラトニズムの対立と表現するのが妥当だろう。
そこで、、「ニーチェ プラトン」で検索したら面白い記事(「プラトン的自分とニーチェ的自分」)に出会ったので一部転載しておく。

一方、19世紀に登場したニーチェは、 「変化することによって存在する」といいます。古代ギリシアの哲学者ヘラクレイトスの言葉がニーチェを理解するヒントになるのですが、それは「人間は決し て同じ川に入ることはできない」という有名な言葉です。一回入った川は全体としてみれば変わってないように思えますが、そこに流れている川の水は、一回目 に入った水ではない。なかなか示唆に富んだ言葉です。ニーチェは存在が立証できるのは、その存在が常に新しく変化しているからだ、というわけです。彼は、 そのように不断の変化を続けている人間を「超人」といいました。つまり過去の自分を越えていくことを続けることで、自分の存在を感じる人間のことです。

ということで、俺はニーチェ的自分であることを確認した次第である。超人とは毛頭思ってはいないが。

| | コメント (0)

ジャスコの息子で決まりだな、多分

辞意表明の時点でシナリオは十分に練られていた筈だと思う。少なくとも小沢、鳩山の間では、次期代表選挙をどのように盛り上げて反転攻勢するかは話し合われていただろう。
とすると、鳩山は当て馬であり本命岡田の引き立て役と見るべきだ。

この程度の芸が無いのでは民主党に政権を渡せない。さて、岡田政権、誕生するだろうか。

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

本質主義と社会構築主義(構造構成主義)

アバミー「ほんとう」って何ですかね。質問でちょっと面白いラリーになりかけたのだけれど、しぼんでしまうようである。残念だ。

このラリーは(ウィキに従うと)本質主義と社会構築主義との対立に分類できるようだ。

本質主義(ほんしつしゅぎ、: essentialism)とは、本質(事物の変化しない核心部分)を自立的な実体、客体的な実在物であるとみなした上で、個別の事物は必ずその本質を有し、それによってその内実を規定されている、という考えをいう。

社会構築主義(社会的構築主義、社会構成主義、social constructionism or social constructivism)とは、現実(reality)、つまり現実の社会現象や、社会に存在する事実や実態、意味とは、すべて人々の頭の中で(感情意識の中で)作り上げられたものであり、それを離れては存在しないとする、社会学の立場である。

主義で考え方、思想を分類するのは好きではないが、俺には社会構築主義という呼称より構造構成主義という名称の方が実感が湧く。以下、参考リンク「構造構成主義とは何か」
 から一部だけ転載しておく。

外部世界も実在しないし、唯一の正しい科学理論もありません。理論や政策の真理性という話は全部インチキです。擁護すべきものは、世界中の人々の意識の中に存在している、相互に共通であったり背反したりしている多元的な心的構造の実在性だけです。
私がここで提唱している多元主義社会は、世界の人々が、破滅に向かわないで、共存可能な、恐らく唯一の最終社会形態です。

「世界中の人々の意識の中に存在している、相互に共通であったり背反したりしている多元的な心的構造の実在性」を唯識は人人唯識(一人一宇宙)と何千年も 前に表現したし、また、ライプニッツはモナド(簡単に言えば、モナドとは、デカルトの立場から見られたアリストテレスの「形相(イデア)」)と名づけたの である。

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

これはもう病膏肓ヘッドホン世間遮断の独我の愉悦

P1000038 ケータイ用インナーイヤホンの紐が切れてしまい(首からケータイをつるしていたのだ)、また、コードの接触も悪いので廃棄することを一昨日決断した。

まず、ケーズデンキに見に行ったのだが品数が少ない。そこでヤマダへ。ヤマダのイヤドホンは下に陳列してあるのでしゃがむのが辛い年寄りには見づらい。それでもなんとか自分で捜していたが遂に音を上げてあたりにいたニイチャンに声をかけたが、ちょっとだけ相手してくれたけどすげない態度。しようがないから今度はヘッドホン売り場へ。うろちょろしていたら今度は親切なニイチャンが声をかけてくれて結局、オーディオテクニカのヘッドホンを選んだ。

今度はベルトのホールダーにケータイを格納してそこから1.2mコード(ちょっと長すぎたか)でヘッドホンで聴くスタイルである。


ホールダーが\980、ヘッドホンが\1980の買い物(ヤマダ)であった。いま、モダンジャズクィンテットを聴いているのだが、すこぶる具合がよろしい。もうちょっと低音が欲しいがまずは快感である。

 これはもう病膏肓ヘッドホン世間遮断の独我の愉悦

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

虎ファンは度量が広し敗戦が続けばよそを応援しをり

横浜の工藤が昨日は8回に登場、簡単に三者凡退で阪神打線25イニング沈黙の一役を買った。微苦笑を洩らしていたのが素敵であった。

それにしても、阪神打線、とりわけ金本、足の状態が思わしくない金本の走塁が気になって仕方ないとの声が気になって仕方ない。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

今日もまた勝てる気はせず横浜に涙を誘う雨降り続く

昨日の夜、「5回表まで0-0だが、三浦、打てそうにない。安藤、そろそろ崩れる時間」という予感詠である。今日は打って変わっての好天だが5回現在、零点は同じである。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

人生は音楽なりきひたすらに歩みて刻め苦楽のリズム

姑がショートステイしている日の未明は居間テレビ、そうでない日は寝間テレビ+1万円ヘッドホンで脳内大音量コンサートしているのだが、音楽を聴きながら雑念邪念諸事思考している。

そんな中で、今朝は人生方程式
人生=世間(損得、好き嫌い、理非、善悪)+魂(苦楽、美醜、虚実)
の相当性(特に、正邪→虚実への変更の)を確認するべく「豊かさとは何か」について考えた。

そもそも人生方程式は世間と魂の便宜的二元論を柱としているのだが、「豊かさ」を考えるにあたっては、経済と精神の二元論方程式とすればよいだろう。従って、
豊かさ=経済(損得、好き嫌い、理非、善悪)+精神(苦楽、美醜、虚実)

経済()に理非、善悪が入っているのは経済に合理性(理非)や商道徳及び道徳一般(善悪)が関係していることを思えば納得してもらうるだろう。これに対して、好き嫌いはちょっと奇異に思われるかもしれないが、世間を生きる上で好き嫌いを我慢したり武器にしたりしていることは否定できない事実なのだからこれも了解の範囲内であろう。また、好き嫌いは広い意味で、才能・能力を包含しているとも考えられる(好きこそものの上手なり)。
かくして、経済的豊かさは経済(損得、好き嫌い、理非、善悪)の関数である。

そこで、精神的豊かさであるが、ここで正邪→虚実への変更の意味があったことを自分でも納得できた。すなわち虚実とは、中味・実感の有無、更には、張り合い・やり甲斐・充実感の有無となり、まさに精神的豊かさそのものに直結しているのであった(正邪ではこうはいかない)。

以上をわかりやすく表現すると、豊かさとは、一定の経済的豊かさ(サム・マネー)を前提にした上での精神的豊かさ、くだけた言い方をすれば、中味があって(実)かっこよくて(美)一切皆苦(生きちょるだけで丸儲け)の人生を楽しむ(楽)こととなるのである。

更にわかりやすく(と俺は思うのだが)音楽の三要素(リズム、メロディ、ハーモニー)に精神(苦楽、美醜、虚実)をアナロジー対応付けると、苦楽はリズム、美醜はメロディ、虚実はハーモニーとなる。おお、人生音楽方程式が完成したのである。

人生=世間(損得、好き嫌い、理非、善悪)+音楽(苦楽リズム、美醜メロディ、虚実ハーモニー)。
そこで、一首。人生は音楽なりきひたすらに歩みて刻め苦楽のリズム

上の動画はBS2が放送していたバレンボイムのベートーベンソナタ全曲演奏の一部のような気がする。これはDVDとして販売もされているが、BS2からのダビングDVDは俺のお宝のひとつである。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

じじばばが孫を連れての日帰り湯子のなき吾は魔羅洗ひをり

じじばばが孫を連れての日帰り湯子のなき吾は魔羅洗ひをり

水曜日は姑がデイから帰ってくる時間が遅いので大抵、嫁慰労の日帰り湯。駐車場に車を入れたらじじばばが孫を連れて来ているのに出くわした。
そこで、「じじばばが孫を連れての日帰り湯」と上の句が浮かぶ。

下の句をどうするかなあと思いつつ湯に入って「子のなき吾は魔羅もてあそぶ」と付けたが推敲。その結果が上の歌だ。

短歌も俳句も客観が基本。「もてあそぶ」などと主観色が強い言葉は排除するのが安全適切である。これを斎藤茂吉は実相観入(実相に観入して自然・自己一元の生を写す)と称したのである。

※なにか画像を付けないと淋しいので「男根」で検索して見つけたのが上の動画である。川崎大師 若宮八幡宮 かなまら祭とのことだ。

| | コメント (0)

PCトラブル(往生したぜ)プロファイル破損

今朝、いつも通りのスリープモード終了させたが画面が真っ暗なままでなかなか電源が落ちない。しようがないから長押しで切った。朝食後立ち上げたところ、 「ローカルプロフィルが壊れてます」なるメッセージが出て臨時アカウント/PC購入時初期画面で立ち上がる。なんだなんだこれは、ひょっとしたらお釈迦かあああ。001

でも、気丈な俺は気を取り直してネットにつないで「ローカル プロファイル」で検索したら対処方法がなんとか見つかった(マイクロソフト情報:新規アカウントを作成してそこにコピーする)。

その通りに対処したらデータファイルまで延々コピーしている。なんとなあと思いつつも、結局、3時間を所要した。プロファイルのみをなんとかしてくれたらいいのに、無意味なデータコピーを延々と行なうのはちょっとなあとは思うけど、しようがないんだろうなあ。NECのヘルプデスクに電話したけどなーんにも知らなかった。ちなみに、富士通サイトにはわりと詳しい情報あり。

まあとにかくも、以前のデータに問題なくアクセスできるようになった(ただし、WMPは初期状態になってしまうので「ライブラリに追加」が必要と思ったけれど違うみたい。ようわからん。)。また、上のデータコピーによりディスク使用量が大幅に増加してしまう。俺の貧困スペックPCでは空きが5GBにまで落ち込んでしまった。コピーが正常終了するかどうかヒヤヒヤした。

ということで、このマイクロソフト不具合(プロファイル破損)発生時の対処をまとめておく。

①新規アカウント作成して破損アカウントのデータをコピーする。
②破損アカウントを削除しても、データは自動的には削除されないようなので自分で削除する。
③WMPは初期状態に戻ってしまうので「ライブラリに追加」したら二重に曲へのリンクが出来てしまった。これはやらない方がよさそうである。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

盛況の市営プールはこどもの日バタバタ泳ぎの飛沫を浴びて

盛況の市営プールはこどもの日バタバタ泳ぎの飛沫を浴びて

昨日はこどもの日。普段の日曜日とは異なり朝からプールは盛況だった。近場で比較的安上がりの家族団欒なのだろう。飛沫ごときで文句を言うてはならぬ。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

もう一度弥勒菩薩に逢いに来るいのちつづけばいのち省み

Photo もう一度弥勒菩薩に逢いに来るいのちつづけばいのち省み

広隆寺拝観はこれで三度目かなあ、いや、四度目かもしれぬ。ここへ来ると上の写真の十善戒がいつも気になる。

不殺生(ふせっしょう)・・・むやみに生き物を傷つけない
不偸盗(ふちゅうとう)・・・ものを盗まない
不邪婬(ふじゃいん)・・・・男女の道を乱さない
不妄語(ふもうご)・・・・・うそをつかない
不綺語(ふきご)・・・・・・無意味なおしゃべりをしない
不悪口(ふあっく)・・・・・乱暴なことばを使わない
不両舌(ふりょうぜつ)・・・筋の通らないことを言わない
不慳貪(ふけんどん)・・・・欲深いことをしない
不瞋恚(ふしんに)・・・・・耐え忍んで怒らない
不邪見(ふじゃけん)・・・・まちがった考え方をしない

こんなの守れっこないじゃんと思いつつも、古傷がうずいたりいろんなことを振り返り省みる。京都では東寺の立体曼荼羅(菩薩の中心である金剛波羅蜜多菩薩の計六体は後補されましたが、他十五体は全て平安前期を代表する国宝)を初めて拝観し(お奨め、特に梵天、大日如来の光背のいろんなポーズをした諸仏も)、仁和寺を訪ねて、最後に弥勒菩薩に逢った。
※写真の追加。東寺拝観パンフレットより立体曼荼羅を新規購入した複合プリンタからスキャンしたものである。Photo_2


人生、過ちばかりである。せめて、虚に生きるのだけはよそう、モラルとか倫理ではなくて虚ろであると自分が気色悪いのだから。

人生=世間(損得、好き嫌い、理非、善悪)+魂(苦楽、美醜、虚実)

ついでながら、仁和寺お庭と東寺五重塔の写真を記録しておく。 Photo_3Photo_4

| | コメント (0)

プリンタをCanon インクジェット複合機 MP540に買い替え

昨日はラッキーだった。テレビによると、もう一時間ほど遅かったら中央道でも渋滞が始まっていたようだ。

それはともかく、帰宅して酒飲んで一眠りして午後からプリンタ価格を参考調査までにケーズに出かけた。連休前に購入機種は決めていてヤマダで買うだろうとは思っていたが、ポイント商法を採らないcash on deliveryケーズがどういうプライスを付けているか興味があったのである。

※いつ買ったのか忘れてしもうたキヤノンBJS500がジャムってその後、印刷不良となったため、しようがない買うことを覚悟。プリンタ複合機種なんか不要と思いつつも連休前にヤマダ現物確認、取材したのだが、単能機に比較して価格がそれほど高くなく、インクを色別に交換できるので狙いをこの機種に絞っていたものだ。

売り場で価格を見ると\13500。ほほう、高いじゃんと思い、ちょうどキヤノンのジャンパーを着た女性がいたので「これ、いくらで売ってくれるん?」と 訊いたら「少々お待ち下さい」と暫くしてから気の強そうなオバサンを連れてきた。「ヤマダでは11700で売ってるよ」とうろ覚えの価格を言ったらこの人 も「お待ち下さい」と奥へ引っ込んだ後、12000を提示する。「それだったらやっぱりヤマダで買うわあ」と言ったら「わかりました。11700」と言う ので手を打った。

この店、ヤマダの傍にあるのでこういう買い方が有効なのかなあ。でも、ワルイなあと(好人物の俺は)ほんのちよっぴり申し訳ない気分であった。ちなみに、帰りがけにヤマダに寄って値段を見ると12600であった。

昨日はセットアップとインストール、(お試し写真用紙が付いていたので)写真プリントのみ。コピー機能、スキャナー機能の確認はまた後日である。しかしながら、インクが高い。本体は安くしてサプライで継続的に儲けようという魂胆なのだろう。ともかくも、

 連敗をようやく脱出片目開き真弓阪神前途厳しも

巨人戦連敗街道脱出!!阪神会心の6―0!と一応慶賀である。

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

千円の高速道路渋滞し西へと向かう芋虫の列

Photo 千円の高速道路渋滞し西へと向かう芋虫の列

3日の深夜1時半に出て京都を目指したが予想以上の大渋滞。小用で止めた足柄SAに(本線渋滞ならびにSAから出る車多数のため)1時間以上閉じ込められ、SAを出たのは5時過ぎだった。宿をキャンセルしようかとも思ったが初志貫徹、京都平安会館(御所の傍、GW特別料金一泊バイキング朝食付き\11千円はなかなかよし)到着は18時前だった。延々16時間半、高速料金1300円が慰めのドライブであった。

ちなみに往路は、豊田JCから伊勢湾岸→亀山JCから新名神→草津JCで名神に合流というもので、この経路の方が普通に東名・名神よりも34キロ短縮できるようだ。
帰路は草津から豊田までは同じく新名神、伊勢湾岸、豊田からは土岐JCまで伊勢湾岸を直進して中央道に合流という経路を採った。帰路は渋滞もなく睡魔との闘いだけであった。往きも中央道で行けばよかったと反省である。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

今日はプール中止

これまでは他人事だったが、国内で感染の惧れがある人が明らかになるとだいぶ違ってきた。しかも横浜、山手学院という私学みたいだから影響範囲は広いなあ。俺の住んでる多摩も無縁とはいえなくなってきた。

ということで、プールが怖いというのもちよっぴりあってプール行きは中止。午前中はテレビの報道振りを観察することにする。

豚インフルエンザが昨日あたりから新型インフルエンザという呼称に切り替わっている。政府、自治体、メディアには本番新型インフルエンザ(以前から懸念されていたトリインフルエンザ)に備えて水際防止、情報統制、その他の経験の絶好の機会という意識があると思う。

2チャンネルでもこれ幸いと騒いでいる連中がいるなあ。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »