« おばさんとユーミン歌い午前様未明に目覚めオペラ聴きをり | トップページ | 我が胸に愛ひとつあり永遠の誰にも告げず契りしままに »

2009年5月24日 (日)

盧前大統領の遺書全文 「誰も恨むな」

あまりにも多くの人たちのお世話になった。わたしのために多くの人が受けた苦痛はとても大きい。これから受ける苦痛も推し量ることができない。余生も他人 の荷物となるしかない。健康が良くないので何もすることができない。本を読むことも、文章を書くこともできない。あまり悲しむな。生と死はすべて自然の一 部ではないか。すまないと思うな。誰も恨むな。運命だ。火葬にしてくれ。そして家の近くに、ごく小さな石碑を1つだけ残してくれ。長く考えた末のことだ。

なんかウラがあるのではないか、誰かが仕組んだ事件ではないかと妄想してしまう。真実は結局、わからないのだろうけど。

|

« おばさんとユーミン歌い午前様未明に目覚めオペラ聴きをり | トップページ | 我が胸に愛ひとつあり永遠の誰にも告げず契りしままに »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おばさんとユーミン歌い午前様未明に目覚めオペラ聴きをり | トップページ | 我が胸に愛ひとつあり永遠の誰にも告げず契りしままに »