« 土曜日の夜はコーラス背を伸ばし腹に響かせバス心地良く | トップページ | 延命治療の是非(嫁が泣いてしまった) »

2009年6月14日 (日)

男なら立て

今回の鳩山政変がどうも納得いかなかったのだが、「漂流総理の漂流国家」を読んで合点がいったような気がした。フニャチン麻生のシナリオ崩壊劇と言うべきか。以下、一部転載記録しておく。

「三匹目のどじょう」を狙う麻生総理は分裂選挙を仕組むためのシナリオを書かなければならなかった。「小泉政治との決別」を宣言した麻生総理が書くシナリ オは再び郵政民営化を俎上に載せることである。盟友である鳩山総務大臣に「かんぽの宿」問題を取り上げさせ、西川善文社長の交代劇を仕組もうとした。麻生 総理自身も国会で「郵政民営化には反対だった」と発言して小泉元総理を挑発した。

 ところが麻生総理は分裂選挙が命がけの戦争である事に思いが至らない。分裂選挙は思いつきやお遊びで出来るものではないのである。党内対立を作り出し、 しかもそれで党を壊滅させることなく分裂選挙にまで仕上げていくためにはありとあらゆる分野に目配りをし、知力と胆力の限りを尽くしてシナリオを書かなけ れば成功しない。そこには必ず政治生命を断たれる人間が出てくる。彼らは命がけで抵抗する。それを切り捨てる非情さがなければ出来ない作業である。

 シナリオライター本人も政治生命を賭けなければ人は動かない。何事も他人に相談する程度の政治家に書けるシナリオではない。ところが誰もシナリオライ ターにならないまま今年の初めから「三匹目のどじょう」の仕掛けだけが動き出した。おそらく麻生総理には反小泉路線で動く鳩山総務大臣と、小泉路線に近い 菅選挙対策副委員長とをうまく使い分ければ分裂選挙のシナリオが出来上がるとタカをくくっていたのかもしれない。

|

« 土曜日の夜はコーラス背を伸ばし腹に響かせバス心地良く | トップページ | 延命治療の是非(嫁が泣いてしまった) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日の夜はコーラス背を伸ばし腹に響かせバス心地良く | トップページ | 延命治療の是非(嫁が泣いてしまった) »