« 六十を過ぎて成長あることに嬉しく気づく土曜日の夜 | トップページ | 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ »

2009年6月29日 (月)

縦横の音の響きを楽しめる耳になりゆく人生の秋

Photo 縦横の音の響きを楽しめる耳になりゆく人生の秋

今朝の居間テレビは「庄司 紗矢香 20世紀の名曲を弾く! 」。(姑がいる日の未明は寝間テレビ、ショートに行って不在の日は居間テレビ。いずれも1万円ヘッドホンで音楽快楽である)。

昨年の生誕百年メシアンとの出会いがあったので、だいぶ現代音楽に耳が馴染んできた。現代曲はムツカシイなどという先入観を捨てて、音の流れ、響き、展開 を楽しめるようになったのだ。そして、紗矢香ちゃん、お気に入りのかわいこちゃんバイオリニストである。この番組、いずれBSでコンサート全容の放映があ るだろうが、紗矢香ちゃんインタビュー、そして、なによりも彼女の絵を映してくれているので永久保存版としよう。
ちなみに、1テラバイトビデオの空き容量73%。NHK放送クラシックほぼ全部を録画しているが、まだまだ整理しなくても大丈夫である。

写真は紗矢香ちゃんの絵とインタビューを受けている彼女だが、いずれもテレビ撮影したものだ。Photo_2

|

« 六十を過ぎて成長あることに嬉しく気づく土曜日の夜 | トップページ | 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六十を過ぎて成長あることに嬉しく気づく土曜日の夜 | トップページ | 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ »