« 楽天に負けて悲嘆の一夜明けバッハのソナタ薄明に聴く | トップページ | 思い出す数々のあり旧友にネットで会えばこみあげ来たる »

2009年6月 4日 (木)

北のミサイルは中国を標的にしている(のではないか?)

(BS2などからダビング貯めたDVDの整理鑑賞をしているのだが)今朝は、アシュケナージ/N響のつまんないベートーベンを聴いているうちに妄想が湧き上がった。

北のミサイルは北京を向いているのではないか。

「世襲を認めよ、現体制の安定を保証せよ」と脅迫恐喝している相手は中国ではないだろうか。

仮に違っていたとしても、「その可能性があるから注意せよ、なんならアメリカと協力して金王朝を倒したらどうですか」と北京に向けてささやくような外交を展開したらどうかね、麻生君。

|

« 楽天に負けて悲嘆の一夜明けバッハのソナタ薄明に聴く | トップページ | 思い出す数々のあり旧友にネットで会えばこみあげ来たる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽天に負けて悲嘆の一夜明けバッハのソナタ薄明に聴く | トップページ | 思い出す数々のあり旧友にネットで会えばこみあげ来たる »