« 総裁になりたしなどと高値つけ広告塔の傲慢悲し | トップページ | 井上靖と小澤征爾 »

2009年6月25日 (木)

都議選前日に内閣改造→東国原入閣?

今日の日経にチラッと書いてあったが、都議選前日内閣改造説があるようだ。宮崎県知事を総務相で入閣させ人気沸騰(?)→都議選勝利という皮算用ではないか。

そう思うと、宮崎県知事への衆院選出馬要請はこのシナリオの一環とも読める。東国原+橋下の人気に加えて、地方分権議論を選挙の争点にして都議選投票までマスコミ利用しての支持率上昇策(メディアジャック)ということか。末期的症状と侮るとしっぺ返しが来るぞ、民主党諸君。

ちなみに、東国原説得の使者に立った古賀氏に関する週刊文春記事をリンクしておく。

「今度の選挙は、派閥単位の生き残り競争だ。何より宏池会(古賀派)として勝ち抜くことが大事だ。今の勢力を維持していれば、たとえ自民党が負けても、いずれ必ず民主党からスカウトされるよ」

 古賀氏は子飼いの派閥議員たちに、こう因果を含めている。

はは。政治って面白いねえ。政治に期待するものはなにもないけどこうした権謀術数の世界は見ていて暇つぶしになる。だから俺は必ず選挙権は行使しているのだ。

|

« 総裁になりたしなどと高値つけ広告塔の傲慢悲し | トップページ | 井上靖と小澤征爾 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総裁になりたしなどと高値つけ広告塔の傲慢悲し | トップページ | 井上靖と小澤征爾 »