« マライアの臍のあたりを眺めつつメールして居り昔の女に | トップページ | 鳩山邦夫さんが離党届を提出 都知事選へ「渡った橋は焼き捨てた」 »

2009年6月12日 (金)

バンドネオン奏者、鈴木崇朗(たかとき)

昨夜、ご縁があって中川美亜リサイタル/アルゼンチンタンゴの新しい風XXⅡⅡ行って来た。タンゴといってもピアソラ風の激しいものではなくトラッドなアルゼンチンタンゴであるが、そのバンドネオンを弾いていたのが鈴木崇朗(たかとき)さんという若い奏者。

1986年、札幌生まれ。
2001年より、バンドネオンを小松亮太氏に師事。
2005 年には、小松亮太&オルケスタティピカのメンバーとして、南米ツアーに参加。また、2005年、2007年には、アルゼンチンに留学し、バンドネオンをオ スバルト・モンテス氏、フリオ・パネ氏に師事。現在、小松亮太&オルケスタティピカ、小松真知子&タンゴクリスタル等で活躍中。

というプロフィルの人。イケメンだし、これからが楽しみである。 検索して、『小松亮太さん』と一緒に日曜日朝の『題名のない音楽会』に出演したこともあることを知った。スーパーボーカリストJamesKとの組合せでタンゴコンサートを開けないかと妄想中。

|

« マライアの臍のあたりを眺めつつメールして居り昔の女に | トップページ | 鳩山邦夫さんが離党届を提出 都知事選へ「渡った橋は焼き捨てた」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マライアの臍のあたりを眺めつつメールして居り昔の女に | トップページ | 鳩山邦夫さんが離党届を提出 都知事選へ「渡った橋は焼き捨てた」 »