« 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ | トップページ | 賜りしいのち大事に暮らすのを努めと決めぬ余生薄明 »

2009年7月 3日 (金)

出会ふ人皆菩薩なりベートベンピアノソナタに諦観を聴く

ベートーベン晩年の音楽(特に弦楽四重奏曲、ピアノソナタ)にはある種の諦観が漂っているということを言いたいだけの歌だ。「出会ふ人みな観音さまと拝みつつ我が知恵誇る性のかなしき」なる駄作の二番煎じである。

「スジを通してベストを尽くせ」をここ数日、スローガンにしたいのだが、駄歌はそれ以前のレベルである。嗚呼。

|

« 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ | トップページ | 賜りしいのち大事に暮らすのを努めと決めぬ余生薄明 »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夜更けてバッハのフーガ聴くときに鳥にこそなれ我が魂よ | トップページ | 賜りしいのち大事に暮らすのを努めと決めぬ余生薄明 »