« どす黒いまでの麻生総理の孤独 | トップページ | MP3埋め込みプレーヤーテスト »

2009年7月22日 (水)

ほんとうの争点は自公連立政権の評価

20090722k0000m010129000p_size5 「安心実現」「脱官僚」…事実上の選挙戦突入

今回の総選挙ではいったい何が争点なのだろう(政権交代は選挙の結果であって争点ではない。念のため)と前から不思議に思っていたのだが、昨日の麻生解散 記者会見で総理が「安心実現選挙」と自ら命名し、他方、民主党代表が相変わらず(成否不明な)「脱官僚」と主張しているので、「安心実現」vs「脱官僚」 がワンフレーズ対立軸と一応は看做してよさそうだ。

つまり、自公政権側は「市場原理主義と決別」して小泉改革路線を否定しつつ政官財癒着トライアングル構造は維持する。対する民主党は自民党の連続 自滅失策(安倍→福田→ブレ麻生粘り腰)に対する失望世論の風に乗りつつ政官財癒着トライアングル構造の一角「官僚」潰しを始めようとする。こういう構図 だなあ。(どちらもあまり触れようとしない外交防衛問題は除く。米中の狭間に立って日本の将来像を描くなどというのは超高級すぎる問題だし、愚民選挙民に は受けないのだから)。

さてそこで、選挙結果の予測だが、このままで行くと自公大敗必死。しかし、昨日の麻生総理のようにしおらしく(涙ぐんだそうだ)反省を見せつつ民 主党の弱点(財源、脱官僚スローガンの内容空虚)を上手に突けば、なんとか自公で過半数を維持できる可能性もある(この場合、自民党に対する創価学会支配 は最早なんともできないぐらい強化されるが)。解散から投票まで40日という憲法規定ぎりぎりの日数を自公がどううまく活用できるかにかかかっている。

ということで、結局は愚民無党派がどう動くかだなあ。大敗(小泉郵政選挙)の後は大勝の風を愚民が吹かせれば(例えば民主党が過半数獲得)、民主 党は無茶苦茶支離滅裂政権を作ってしまうだろう(ドル売り、株暴落で世界恐慌再発の引き金を引くかもしれない)。そんなことはちょっとした政治家なら誰で も判断できることなので、ここは自民も民主もうまく立ち回って欲しい。

つまり、今回の選挙の争点は自公連立政権の評価。これ以上、公明党が権力の座に座り続けていいのかどうか、それを選挙民が冷静に考える時である。

民主党は過半数に届かず第一党、自民が親公明と反公明に分裂して反公明が民主党と連立して政権樹立。この政権が穏やかにじっくりと政官財癒着トライアングルを解体していく。それが国民にとって一番幸せな選挙結果と願うのである。

 穏やかなニヒリストあり絶望も希望も持たず悦楽に生く

|

« どす黒いまでの麻生総理の孤独 | トップページ | MP3埋め込みプレーヤーテスト »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ごぶさた申し上げております。

この度の選挙は「政権選択選挙」だと首相が何度も言っているように、「自民党」か「民主党」かどっちがいいのか選べというわけですよね。
さらに国民にわかりやすいようにと「安心実現選挙」と言っているのは、「民主党」では「安心」できないというメッセージを暗に含んでいるものと思われます。

それにしても、国民の信を問えといって解散を煽り続けた民主党とマスコミ各社ですが、解散したらしたで変なネーミングしたり(「バカタロー解散」など)麻生内閣については、ナニをやっても、ネガティブな視点でしか報道しないというのはなんなんでしょうね。


>>民主党は過半数に届かず第一党、自民が親公明と反公明に分裂して反公明が民主党と連立して政権樹立。この政権が穏やかにじっくりと政官財癒着トライアングルを解体していく。それが国民にとって一番幸せな選挙結果と願うのである。

自民党が力を失えば、民主党と公明党は「外国人参政権」や「人権擁護法」に関して共闘する可能性が高いと思われます。これが日本にとって幸せな結果になるとは、私には思えません。

ところで、土曜日先生は「愚民」という言葉をよく使われるようですが、「愚民」とは「マスコミ」に扇動されやすい人々のことだと考えていますが、土曜日先生はまさか「愚民」ではないですよね?

投稿: 黒げる | 2009年7月23日 (木) 午後 03時05分

いやいや、私、愚民かもしれませんよ。テレビ大好きですから。
ところで(少し)お久しぶりです。また、哲学お喋りパーテイに来てくださいよ。私のブログを見てくれたのは嬉しいけれど。

投稿: 土曜日 | 2009年7月24日 (金) 午前 06時12分

愚民だ、と細田さんが言ってしまったみたいですね。
しかし、多くの人はそれが正論だと思ってるみたいですよ。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1286535.html

投稿: ma. | 2009年7月25日 (土) 午後 01時26分

情報、ありがとうございます。みんな(愚民の方も含めて)心の中ではそう思っているんですね。そこから出発すればいいのです。

投稿: 土曜日 | 2009年7月27日 (月) 午後 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どす黒いまでの麻生総理の孤独 | トップページ | MP3埋め込みプレーヤーテスト »