« 還暦を過ぎて歌手への道目指す我が身体の楽器ならずも | トップページ | ギラン・バレー症候群 »

2009年8月 6日 (木)

コロンボが87分署シリーズを演じた

BShiが放映して消化未了で溜まっている新刑事コロンボシリーズのうちの一作「死を呼ぶジグソー」を今日鑑賞終了。タイトルクレジットに(ストーリー)エド・マクベインとあったので検索してみたら、

ストーリーのおもしろさは、まあ、エド・マクベイン原作(邦題「はめ絵」)と聞けば納得で、ミステリー・ファンなら得した気分にもなろうというも の。しかしこれをコロンボでやってしまうところはどうなのだろう、とも思ってしまいます。新シリーズの後半は新鮮さを特に出そうとしているようにも見えま す。ストーリー自体は決して劣化しているとは思えないのですが、やはりシリーズの持つイメージとのギャップは明らか。「スーパーマン」の装いで「スパイ ダーマン」を見せられているようなもの、とは言い過ぎでしょうか。

更に「はめ絵」で検索して87分署シリーズであることを確認した。

大昔(就職した頃数年)、結構、ハヤカワミステリ文庫を読んだなあ。だから、どうだということもない昔話である。

|

« 還暦を過ぎて歌手への道目指す我が身体の楽器ならずも | トップページ | ギラン・バレー症候群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 還暦を過ぎて歌手への道目指す我が身体の楽器ならずも | トップページ | ギラン・バレー症候群 »