« 対立軸を基本に考える | トップページ | ほんとうの自分探しを諦めて未明愉しむ孤独のピアノ »

2009年8月26日 (水)

問題は質問をはぐらかしたこと。政治家として答えて欲しかった。

mixiに視聴率稼ぎの日記をまた書いてしもうた。以下、転載記録。

「金がねえなら」首相が発言
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=939219&media_id=2

首相の答えだけを切り出すとそれはそれでひとつの人生訓と見えるが、学生の質問も合わせて読むと、質問に対する誠実な答えになっているかどうか疑問である。横丁のオヤジのお喋りではないのだからここは政治家として答えて欲しかった。以下、やりとり全文を転載する。http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/08/post_349.html

【学生の質問】
「結婚するのにまずお金が必要で、若者にその結婚するだけのお金がないから結婚が進まないで、その結果、少子化が進むと思うんですが」

【麻生首相の回答】
 金がねえから結婚できねえとかいう話だったけど、そりゃ金がねえで結婚しない方がいい。まずね(会場笑)。そりゃ、オレもそう思う。そりゃ、うかつにそんなことはしない方がいい。

 で、金がオレはない方じゃなかった。だけど結婚は遅かったから。オレ43まで結婚してないからね。だから、あの、早い、あるからする、ないから しないというものでもない。これは人それぞれだと思うから。だから、うかつには言えないところだと思うけれども、ある程度生活をしていけるというものがな いと、やっぱり自信がない。それで女性から見ても、旦那をみてやっぱり尊敬する、やっぱりしっかり働いている、というか尊敬の対象になる。日本では。日本 ではね。

 したがって、きちっとした仕事を持って、きちっとした稼ぎをやっているということは、やっぱり結婚をして女性が生活をずっとしていくにあたっ て、相手の、男性から女性に対しての、女性から男性に対しての両方だよ。両方がやっぱり尊敬の念が持てるか持てないかというのがすごく大きいと思うね。

 それで、稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、よほどのなんか相手でないとなかなか難しいんじゃないかなあという感じがするんで、稼げるようになった上で結婚した方がいいというんでは、オレもまったくそう。

|

« 対立軸を基本に考える | トップページ | ほんとうの自分探しを諦めて未明愉しむ孤独のピアノ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対立軸を基本に考える | トップページ | ほんとうの自分探しを諦めて未明愉しむ孤独のピアノ »