« 信仰にほど遠き場所我なれど和音美し讃美歌歌う | トップページ | かなしみは何処から来るか冬桜生きてるだけで十分なのに »

2009年11月24日 (火)

吉野家に行けば周さん劉さんが注文を訊く神田駅前

日曜日のコンサートはしご、一軒目はすみだトリフォニーホール/錦糸町。昼飯は牛丼にしようと駅前の吉野家へ。「なに、しますか」というアクセントがちょっと異様だったので名札を見ると中国名前。厨房にいるもう一人の女性はどうかなあと遠望するとこれも中国名前だった。この光景は歌になるなあと思っていたら昨日、歌になった。ただし、錦糸町では定型にはまりにくいので神田駅前に変更。ふた世代隔たる男女と酒を飲み仕事論ぶつ神田駅裏

ところで、吉野家には何故券売機がないのだろうと不思議に思って検索したら、

吉野家でも券売機の導入を検討したことがあります。 しかし、券売機を置けば、お客さんは勝手に帰っていきます。 その時に店員が「ありがとうございます」と言うチャンスを失ってしまうことが分かったのです。

吉野家にはお客さんに「ありがとうございます」と声をかけ、 気分良く帰ってほしいというポリシーがあります。 「ありがとうございます」という声がけは、商品の一部を構成する絶対条件と考えられています。 券売機を置くことによって、その大事な要素が失われてしまうという結論になり、 設置が見送られることになったのです。

とあった。本当かどうかわからないけれど。

Mon, Nov 23

  • 06:18  @sakutaro77 「<賛美歌179番>いいですねえ。」←ご存知ですか、博識ですねえ。日本人作曲だそうですが、どこかエキゾチックな旋律です。来年の定期演奏会で演奏するべく練習中です。そうそう、私はじめバス陣は強力なので他のパート大募集です。  [in reply to sakutaro77]
  • 06:32  昨夜の夢:また、仕事の夢だ。飛び込み訪問先でプログラムを作ったけれどうまく動かなくて汗であった。どうしてこんな夢ばかり見るのかなあ。色っぽいのを見たいのだが。「ふところに手紙かくして日向ぼこ」鈴木真砂女
  • 06:43  昨日のコンサート1件目は田部井剛ル スコアール管弦楽団http://bit.ly/56vVZM 、前半のニールセン、 シベリウスは少々退屈だったがお目当てのショスタコーヴィチ/交響曲第12番ニ短調Op.112「1917年」は熱演(打楽器6人が活躍)、ブラボーコールであった。
  • 06:46  昨日のコンサート2件目は「ありどおる座 ガラコンサート」大井町きゅりあん。アマ、セミプロ、プロがオケ伴奏でオペラ・アリアを歌って面白かった。我が歌の先生(二宮周平さん)のバリトンがブリリアントなのは当然であった。
  • 06:49  @biwaprancer おはようございます。死ぬまで仕事の夢を見るかと思うとちょっとなあと思う朝です。冬篭見るは無粋な夢ばかり #jhaiku #haiku
  • 07:02  @aquamasa 実は「和音」ではなくて「ハーモニー」という言葉にしたかったのですが定型にはまりませんでした。それはともかく合唱を始めたおかけで音楽をより味わえるような気になっています。
  • 12:59  旧友の妻逝きたりと冬の蝶 #jhaiku #haiku
  • 13:00  薄目して俺は死にたい冬銀河 #jhaiku #haiku
  • 13:02  吉野家に行けば周さん劉さんが注文を訊く神田駅前 #tanka #jtanka
  • 13:03  @sakutaro77 讃美歌179「わたしの心は」の作曲者は私の譜面では塩田尚史、作詞は讃美歌21改訂委員会となっています。1997年に口語訳したみたいです。http://bit.ly/4OKz4a
  • 13:18  分類思考の世界-なぜヒトは万物を「種」に分けるのか-(講談社現代新書)が面白そう、図書館にリクエスト。昨日の日経読書欄によると「種」は実在しないというのが本書の主張。だって、種はモデルだもんね。俺は現象(事実世界の現象)全ては主観(モデル)http://bit.ly/92zeRC
  • 18:57  大相撲見終えて後は晩酌の無為の一日テレビの番で #tanka #jtanka
  • 19:54  チャイナパワー 第1回 “電影革命”の衝撃http://bit.ly/2nuzDY を見たけど、要するに国策ハリウッドじゃん。政治・犯罪・性などのタブーはあるし、傑作・名作が生まれるかなあ。銭儲けのうまい中国人、人口の桁違いな中国のことだから経済的成功はするだろうが。

Powered by twtr2src.

|

« 信仰にほど遠き場所我なれど和音美し讃美歌歌う | トップページ | かなしみは何処から来るか冬桜生きてるだけで十分なのに »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰にほど遠き場所我なれど和音美し讃美歌歌う | トップページ | かなしみは何処から来るか冬桜生きてるだけで十分なのに »