« 焼芋や金では買へぬものいくつ | トップページ | 初冬や雨に暮れたる濁り酒 »

2009年11月17日 (火)

歌舞伎座の高見の席に楽しむは生の台詞に浄瑠璃の音

これで生の歌舞伎を観るのは四度目ぐらいかなあ。新聞販売店からチケットを貰って席確保の謝礼を払って結局、コスト\1000であった。音楽も歌舞伎も生はやはり違う。人間も生は違うのと同様である。ところで、ついでにSumi Jo - Caccini - Ave Maria。映画音楽みたいに美しい曲だが矢張りソ連の流行歌であった。

Mon, Nov 16

  • 03:25  冬夕焼あなたの名前書いてゐる #jhaiku #haiku
  • 03:27  @sakutaro77 「光って電灯の光?太陽光の陰影は安藤広重(初代)が取り込んでますが」は知りませんでした。日本画には陰影と遠近法は無かったという思い込みは訂正しなければなりませんね。  [in reply to sakutaro77]
  • 05:16  ユトリロのパリの裏街秋さびし RT:@sakutaro77 モデリアーニの女の首や秋の声
  • 06:00  リーマン予想についてのわかりやすい説明→http://bit.ly/ttAp9
  • 07:12  @bokuso 原子核のエネルギーとリーマン予想が関係ありそうなNHKスペシャルでした。興味があるのでちょっと調べようかと思っています。「数は実在か概念か」という議論にも発展するような気がしてます。私は、数は概念(モデル)だと思っています。  [in reply to bokuso]
  • 07:18  「天地人」の千姫救出話は虚構が過ぎる→「実際には千姫は堀内氏久という豊臣方の武将に護衛されて直盛の陣まで届けられた後、直盛が秀忠の元へ送り届けた、とする説が有力」http://bit.ly/3p5k7N
  • 07:29  リーマン予想と量子力学の関係がわかった気になる記事→「なぜ,量子力学と素数が結びつくのか。それを解明したのがベリーだった(1986年)。カオス理論で結びつくのだ」http://bit.ly/cOiYc
  • 07:34  @biwaprancer おはようございます。新聞販売店から貰ったチケットで歌舞伎座に行く朝です。播磨屋の無料カフェhttp://bit.ly/2E0sg5 にも立ち寄って来ます。
  • 07:46  なぜ,量子力学と素数が結びつくのか。数は現象をモデル化する際に必要な基本的概念と考えれば驚くことでも感動することでもなんでもないと俺は思う。ゼータ関数もカオスもよくわかっていないけど。
  • 18:06  歌舞伎座、席取り順番待ち既に遅しだったが「親切な」おばさんのお蔭で三階席何とか確保(花道見えぬが残念)。仮名手本忠臣蔵、幸四郎のアリアがよかった。歌舞伎座の高見の席で楽しむは生の台詞に浄瑠璃の音 #tanka #jtanka 帰途、播磨屋無料カフェ(三原橋)にも立ち寄った。
  • 18:25  カッチーニのアヴェ・マリア、寡聞にして知らず昨日の合唱祭で初めて知った。バロックの曲のようだhttp://bit.ly/3OJoxK が映画音楽みたいに美しい。YouTubeはこちらhttp://bit.ly/4BjlUf
  • 18:37  あっ、そうですか。で、いつごろの誰の作品かはわからないのでしょうか。RT @tinouye: 名曲ですね。カッチーニでないことは確定してます RT @doyoubi: カッチーニのアヴェ・マリア…映画音楽みたい YouTube http://bit.ly/4BjlUf
  • 18:50  ウィキhttp://bit.ly/1REZsU は見過ごしていました。ありがとうございました。http://bit.ly/1REZsU RT @tinouye: Wikipediaのカッチーニの項に書いてある内容は確認済みで、ヴァヴィロフというソ連の音楽家が作ったらしいです。
  • 18:55  昨日の朝刊もまだ読み終えていない。大相撲再生しつつ新聞斜め読みしよう。

Powered by twtr2src.

Sun, Nov 15

  • 05:05  @sakutaro77 「キヨチカ」小林清親のよさを感じたのが今回の収穫でした。私の趣味にあってるかどうかまだこれからですが、浮世絵に光を持ち込んだのが新鮮でした。美しきものみな好きと言わないがおおむね美女は好ましきかな #tanka #jtanka  [in reply to sakutaro77]
  • 05:19  今日は俺の三度目のステージ「南大沢コーラスフェスティバル」(HPが無い→どなたかのブログhttp://bit.ly/3L4N2J )。曲目は「青空」「隣組」「上を向いて歩こう」。このところ歌唱力頭打ちかも。ところで、「三回目の正直」とは言わない(ように思うが)のは何故?
  • 05:39  メータ不調?サントリーホールのベト7もシェーンブルン宮殿のベト5も熱くならない。生ではなく放送録画を(しかもネットしながらの)聴いているだけの評価は不謹慎かもしれないが。
  • 05:53  信心は鰯の頭冬夕焼 #jhaiku #haiku 句は季語をひたすら念ずれば浮かぶ。「焼芋やいまはむかしのゆめばかり」久保田万太郎を引用したら「焼芋」を作りたくなったが、ひたすら念じたら出来た。しかも三人もの方にふぁぼられている。http://bit.ly/1oqZYR
  • 05:54  よかった。同感の方がいらして。RT @hgc03051: はい、解釈も進歩が感じられず、聴いていて大いに不満です。  RT @doyoubi: メータ不調?サントリーホールのベト7もシェーンブルン宮殿のベト5も熱くならない。
  • 06:00  「無駄とは経済合理性に反する行い」と定義すれば経済的成果を得られなかった行いは全て無駄。とすると、科学(特に基礎科学)は概ね無駄、しかし、今度は経済的成果の判断基準(特にタイムスパン)が問題。そして、ニュートンも更にはプラトンも経済的成果につながっていないとは今や否定できない。
  • 07:53  @biwaprancer おはようございます。快晴の朝です。今日は私の合唱、本番です。  [in reply to biwaprancer]
  • 07:58  朝のNHKニュースで知ったのだが、23年前に発刊された「思考の整理学」外山滋比古が百万部を超えるベストセラーになっているそうだ。東大・京大生が読んでるというキャッチで釣られるのもありそう。アマゾンはこちらhttp://bit.ly/sWuQL

Powered by twtr2src.

|

« 焼芋や金では買へぬものいくつ | トップページ | 初冬や雨に暮れたる濁り酒 »

一日一首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼芋や金では買へぬものいくつ | トップページ | 初冬や雨に暮れたる濁り酒 »